美白になる簡単な方法は?シミを消す・ハリ・エイジングケアに大切なこと

紫外線が強くなる季節。
シミが気になってしまいますね。
そしてハリも、このままではいけない…

大人の女性の、
お肌の悩みは実に様々ですね。

だからこそ対処療法的なケアではなくて
肌本来の力を引き出すスキンケアが
必要なのだそうです。

いつものお手入れを少しだけ気をつけることによってエイジングケアも
同時にかなってしまう、
そんな方法があるようです。

今回は美白には何が必要なのか、
そしてお悩みのシミやハリ、
エイジングケアにとって大切なものは何かについて調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

美白のために必要なこと

美白かエイジングケアか?

美白ケアとエイジングケアって違うもの、
というイメージがあります。

若いころは日焼けをしても時間がたてば
もとの肌色に戻ったのに年齢をを重ねると、
それがシミとなって現れてきますね。

そのシミもまた肌のエイジングの
サインなのだそうです。

ですから大人の肌に必要なのは肌そのものが持つ力を高めながら
同時にメラニン対策をしてくれるケアです。

美白かエイジングケアかという
二者択一をしないのが大切なようです。

美白ケアをすることによってエイジングケアもできる「一石二鳥」のお手入れが
ベストですね。

たっぷりうるおい

「肌は昼間に歳をとる」
と言われているそうです。

年齢に加えて紫外線や感想などの
昼のダメージは肌のエイジングの
大きな原因となっています。

まずは洗顔後、化粧水でたっぷりうるおいを補給しましょう。

昼のダメージに負けない肌へと補強することが大切です。

角層がうるおいで満たされるなら肌の透明感もアップします。

それによってファンデーションのノリも良くなってメイクをキレイに
仕上げることができます。

夜のうるおい

私たちが眠っている間、
肌では昼間の紫外線や乾燥によって受けた
ダメージの修復が行われています。

美しい肌には、いい眠りが不可欠と言われているのは、そのためなんですね。

ですから眠っている間じゅう肌をたっぷりのうるおいで包んであげましょう。

それによって肌本来の回復力が十分に
発揮されるようにサポートすることが大切なようです。

じっくりとうるおいを届けてあげるなら、
きっと翌朝のお肌は内側から
湧き上がるようなハリを
実感できると思います。

洗顔

乾燥が気になる方は洗顔を軽視してしまう
傾向にあるようです。

ですが実は大人にこそ洗顔がとても
大切なのだとか。

年齢とともに肌の生まれ変わりである
ターンオーバーは遅くなってしまいます。

するとメラニンを含む古い角質が肌に
残りやすくなってしまいます。

それらを肌に負担をかけずに取り除くには
毎日の洗顔がとても
重要になってくるようです。
きちんと汚れが落ちるなら美白成分や
保湿成分も、お肌に届きやすくなります。

紫外線

どれだけ効果のある美白スキンケアを
使ったとしても、それで安心してしまってはいけません。

それに加えて紫外線対策は
欠かせない要素です。

紫外線防止効果の目安であるSPFとPAは

・海や山でのレジャーや屋外で過ごす
→SPF50/PA++++
・日常生活→SPF30/PA+++

がおすすめのようです。

でも忙しくて、つい塗るのを忘れてしまう、ということもよくありますよね。
そういう方は朝の保湿液やベースメイクに
紫外線カット効果のあるものを選ぶと
塗り忘れがないようです。

【スポンサーリンク】

美白になる簡単な方法

まず美白になるためには今以上に黒くなってしまわないように予防をすることが
大切なようです。
では、どのように予防をすることができるのでしょうか?

日焼け対策

みなさんは、
どのような日焼け対策をしておられますか?

私は日傘を持ち歩くようにしています。

でも、けっこう邪魔になったり
風の強い日など、まともに差していられない時もありますよね。

日焼け止めクリームも定番だと思いますが
毛穴が塞がれてしまう感じがしたり
2時間ごとに塗り直さなければ
ならなかったり…

けっこう面倒くさいですよね。

最近では飲む日焼け止め
というのもあるそうです。

食習慣

どんなことでも、そうかもしれませんが美白においても食習慣は大切なようですね。

効果があるのは、やはりビタミンC
かと思います。

キウイやグレープフルーツ、みかん、
アセロラ
など、
ちょっとすっぱい系でしょうか?

ビタミンCだけでなく美白には鶏肉や人参、マグロ、ミニトマト、こんにゃく、大豆
などが効果があるそうです。

このような食べ物を意識して積極的に摂っていきたいですね。

反対にNGなのはカフェインや糖分、
アルコール
なのだそうです。

生活習慣

食習慣に加えて美白に大切なのが
生活習慣なんですね。

いわゆるゴールデンタイム(22時~26時)の睡眠が、お肌に最適です。

これは、
お肌だけではなく脳のサイクルを考えても
パフォーマンスを最大限に発揮するために
大切なようです。

いくらゴールデンタイムに
眠っていたとしても
睡眠時間が4,5時間というのが
習慣化してしまうと、
やはりパフォーマンスは
低下してしまうようですので、ぜひ7,8時間は確保したいものです。

そして、さらに美白のために大切な生活習慣は朝一番のウォーキングなのだとか。
こういった予防のほかに簡単にできる美白は美白に見えるようにする方法です。

美白に見える

髪型
黒い髪よりも少しアッシュを入れた方が軽い印象になって美白に見えるようです。

メイク
自然の光に近い場所でメイクをするなら
厚塗りを避けることができるそうです。
下地はピンク系によって透明感を出すことができます。
首まで塗るのも効果があるようです。

ファンデーションの色は自分の肌より
少し明るめのものを選びましょう。
お顔の中心から外側に向かって
2,3回スポンジを滑らせて
輪郭には塗り直しをしないようにします。

シミを消すのに効果のある方法

今までなかった部分にシミを発見。
なんて日は、かなりショックですね。
なんとか消したいと、
つい気になってしまいますね。

ファンデーションやコンシーラーで隠す
という方法もありますが
厚塗りになってしまって透明感がなくなってしまいます。

なんとかシミを消すことは
できないでしょうか?

シミの原因

シミができてしまうのにはメラニンと関係があります。
私たちのお肌は紫外線を浴びることによってメラニンが過剰に生成されます。

紫外線は、お肌に有害で細胞に
ダメージを与えてしまいます。

その紫外線のダメージから細胞を守るためにメラノサイトで作り出されるのが
メラニンです。

メラニンは細胞をダメージから守ってくれる役割をするので、
なくてはならない存在といえます。

ですが紫外線を浴び続けることによって
メラノサイトが過剰に
メラニンを作ってしまいます。

その表皮細胞のケラチノサイトに
滞留することによってできた色素沈着がシミの原因となります。

毎年7月~8月は紫外線が
一番強くなります。
この季節にたくさんの紫外線を浴びることによって秋にシミができてしまいます。

シミは消せる?

できてしまったシミを、
なんとかして消したいと思うのが
女心ですよね。

ですが一度できてしまったシミを消すのは、なかなか難しいようです。

それよりも、できてしまわないように日ごろから予防を心がけるほうが効果的かと
思われます。

化粧品でシミは消せない?
シミ対策用の化粧品が、
たくさん出回っていますが
美白をすることがシミを消すことと
直結はしないようです。

美白成分にはビタミンC誘導体、アルブチンなどがありますが、
これにはシミの生成を防ぐ効果があります。

ですが、すでにできてしまったシミを
消す効果は
残念ながら、
ほとんどないようです。

シミを消せる化粧品はある?
日本の化粧品に配合できるものでシミを消す効果を期待できるものとして
ハイドロキノンという成分
があるようです。

これには化学的に色素自体を分解して無色化する効果があります。

ハイドロキノンは作用が強いため本来は医師の管理のもとでないと使えませんでした。
ですが2001年の薬事法の規制緩和により
化粧品にも使用可能になったようです。

感想

今回は美白に大切なことについて
調べてみました。
昔は「小麦色の肌」に憧れたことも
ありましたが
いつも、ただ赤くなって終わるだけでした。

結果そうならないために紫外線対策には
気を遣ってきました。

シミを作らないために日々努力することが
美白につながっていくんですね。

つい日焼け止めを塗ったりするのが
面倒くさいなと思ってしまうのですが
毎日のコツコツした積み重ねが大切なのだと改めて感じました。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + five =