断水時のトイレの流し方は?断水時に必要なものとは

地震や豪雨などで断水になってしまうことがあります。
そのような場合のトイレは、
どのような流し方をしたら
いいのでしょうか?
災害はいつ私たちの身に降りかかってくるかわかりません。
日頃から緊急時の対応の仕方について
知っておきたいと思います。

というわけで今回は
・断水時のトイレの流し方
・断水時に必要なもの
について調べてみたいと思います。

断水時のトイレの流し方

断水の場合、バケツにくんだ水をタンクに
溜めていませんか?
どうやら、それは間違いのようです。
くんだ水を直接便器内に流すのが正解です。

便器のタイプ

使用している便器にはオート便器洗浄や
オート開閉機能が付いていますか?
その場合はまず、それぞれのオート機能を「切」にします。
オート便器洗浄は断水している間ずっと「切」の状態にしておきます。

そして
ふたと便座を上げて大きめのバケツで水を
流します。

災害が発生したらまず排水配管の破損の有無を確認する
・地震などによって配管が壊れている時はトイレの使用をやめて無理に排水しない。
・破損した排水管から水がもれてしまう
可能性がある。

便器の外に水がこぼれてしまった時のために床には新聞紙や雑巾を敷いておきます。
そして6~8Lほどの水を便器ボウル面の中心をめがけて一気に流します。
そのあとさらに3~4Lの水を静かに
流し込みます。

排水管の途中で汚物が
詰まってしまわないように気をつけます。
そのために2~3回に1回は10~12Lほどの水を流します。

安全なトイレの流し方

オート便器洗浄機能がある場合は
「保安用水」が出てくることがあります。
「保安用水」とは消防防災用または
水道管破裂を防ぐために
断水中も水道本管にある水のことを
指します。
そのために断水時にはオートを「切」に設定しておきます。

オート開閉機能がある場合はバケツで流している間にふたが閉じてしまう可能性が
あります。
そのためにバケツで流している時はオートを「切」の設定にしておきます。

8Lほどの水で流れない場合は便器への流し方をさらに早くし一気に流すようにします。
バケツに水を入れて運ぶ時や便器に水を
流す時に床にこぼれてしまわないように
注意しましょう。

直接タンクに水を入れるのはNG!
・タンク内の水だけでは洗浄の水量が
足りないため洗浄不足や詰まってしまう
可能性がある。
・お風呂の残り湯などは中に入っている
髪の毛などがタンクの中の部品に
引っかかってしまうことがある。
・水がタンクの周りの電気部品に
かかってしまい故障するかもしれない。
【スポンサーリンク】

断水時に必要なもの

様々な理由によって断水を経験することが
あるかもしれません。
実際に断水に遭遇した場合どのようなものが必要なのでしょうか?

トイレ

一番大変なのが、やはりトイレのようです。
流すためには最大10Lの水が
必要だといわれています。
その水を溜めるためのバケツも必要です。

工事などで事前に分かっている場合は、
あらかじめ汲み置きをしておきます。
災害など突然の断水の場合は風呂の残り湯を使うことができます。
ほかにはポリタンクに水を溜めてベランダに保管しておく方法もあります。

空きペットボトルに水を入れておくことも
できます。
それでも、かなりの量の水を使いますので
簡易トイレも必要かもしれません。
さらには雨水をバケツに溜める方法も
あります。
数日経ったものは植物に与えたり夏の打ち水に使って定期的に取り替えると
良いでしょう。

手洗い

さらにトイレのあとの手を洗う水が
必要になってきます。
この場合はウェットティッシュがあると
よさそうです。

入浴

季節にもよりますが入浴やシャワーは1週間くらいはガマンしなくては
ならないかもしれません。
そのような場合でも身体だけは拭きたいと
思うのではないでしょうか。
タオルを濡らすために必要な水は
500mlです。

そういえば昔、
真夏に入院してお風呂に入れなかった時に
身体を拭いてしのいだことを
思い出しました。
いろいろな不自由な状況の中ですと、
このような些細なことでも幸せに
感じるものですね。

歯磨き

歯を磨く時はコップ1杯の
ミネラルウォーターで間に合います。
お口用の洗浄液だけで間に合わせることも
できるかもしれません。
ですがそれだと、お口の中の菌は
落とすことができても歯垢は落とせません。
歯垢を3日間放置すると歯石になります。
少量の水で済みますので、
やはり歯磨きはしたほうがよさそうです。

飲料水

1日に1人3Lが必要なようです。
なぜ3Lなのでしょうか?
これは成人が排出する量なのだそうです。

☆尿・便で1500ml
☆皮膚・呼吸で1000ml
の量の水分が1日に排出されます。
このような理由で最低2.5Lの水が
必要だということです。

大人は3Lということですが乳幼児の量は
どれほどでしょうか?
8kgの乳児の場合1200ml、
15kgの幼児ですと1500mlが
必要だといわれています。

ミネラルウォーターを箱買いして常に
用意しておくと良いのかもしれませんね。
そのほかに食事の際お皿にラップを巻いて
洗わなくてよいようにすることもできます。

【スポンサーリンク】

断水時の過ごし方

ここまでで断水時のトイレの流し方や必要なものについて調べました。
さらに断水してしまった時どのように
過ごしたらよいかについて考えてみたいと
思います。

トイレ

タンクレスのトイレは電気が止まると
使えなくなります。
そのような場合バケツに水を準備しておき
使用後に水を流します。
通常のタンク式は断水しても1回目の洗浄は可能です。
それ以降は同じようにバケツで流します。

トイレットペーパーは一緒に流さずに
可燃ごみとして処分します。

お風呂の残り湯や汲み置きした水をタンクに溜めて流すと、どうなるのでしょうか。
パッキンを傷つけてしまい水漏れや
ウォシュレットの詰まりの原因になる
可能性があります。
地震が原因の断水ですと配管が破損している場合がありますので
水を流さずにいたほうが安全です。

住宅によっては各戸に簡易トイレを
配布したり管理組合で備蓄している
ところもあるようです。
ほかには自分で準備する方法もあります。

自宅のトイレを災害時用として使用する
いつも使っているトイレが流せなくなった時その便器を用いて簡易トイレにします。
便座を上げ30~45L用のポリ袋で便器を
覆います。
次に、もう1枚のポリ袋を便座の上から
かぶせて細かく切った新聞紙を入れます。
このようにポリ袋をかぶせた便座に
座り使用し、その後は2枚目のポリ袋を
替えます。

手作りトイレ
ダンボールの箱を便器の代わりにします。
ダンボールの内側にポリ袋を2枚重ねにしてかぶせ細かく切った新聞紙を入れます。
その箱をまたいで使用し上のポリ袋を
替えます。

入浴

大量の水を使うため断水時の入浴は
あきらめましょう。
水で絞ったタオルで身体を拭く程度で
我慢します。
髪はドライシャンプーやシャンプーシートを使うことができます。

私は体調が悪くて入浴できない時は
スカルプローションをティッシュに
含ませ頭皮を拭くようにしています。
いずれもドラッグストアや介護用品を
扱っているお店で入手できます。

洗濯

洗濯も入浴同様、大量の水が必要ですので、いつも通りの洗濯は難しいかもしれません。
浴槽に入浴前の水を溜めて、その水で手洗いや部分洗い程度のことはできます。
昔は、お風呂の残り湯で洗濯を
したものですが、それが
生乾き臭の原因になるようです。
臭いの気になる方は無理かもしれませんね。

食事

食事のあとに断水になってしまった時は
食器をティッシュやペーパータオルで
拭き取ります。
食器を再利用する場合や未使用の食器を使う場合はラップやアルミホイルで
食器を覆って使います。

食後は使ったラップやアルミホイルを
廃棄します。
野菜の汚れはふきんやペーパータオルで
拭き取ることができます。
キャベツやレタスなどは内側は洗わずに
食べても大丈夫です。

感想

今回は断水になってしまった時の
対策について考えてみました。
私自身は災害などで深刻な断水に
遭遇したことはないのですが
いつ、そのような事態に陥るか
わかりませんので
知識を持っておくならば、いざという時に
とても心強いと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + fifteen =