洗濯物の臭いの取り方は?熱湯や重曹で取れるってホント?

洗濯してたのをすっかり忘れてしまい、
そのまま放置。
なんていう経験ありませんか?

私の友人も先日
そのような失敗をしてしまい…
それは強烈な臭いがしたそうです。

一旦ついてしまった洗濯物の臭いの取り方はあるのでしょうか?
・熱湯で
・重曹で
といった方法があるようですので詳しく
調べてみたいと思います。

熱湯

洗濯してたのを忘れてしまうのは
特別な例として…
普通に洗濯していても「なんか臭いなぁ」
って思うこと、ありますよね。
何回洗っても臭いが取れない場合その原因はモラクセラ菌という雑菌のようです。

洗濯物が濡れている時間が長くなると、
この菌が増殖しやすくなります。
菌は増殖する時に水分や衣類に付着した
汚れを食べて排泄物を出します。
菌そのものというよりも、この排泄物が
臭いの原因になっています。

特にタオルの臭いって気になりませんか?
手や身体を拭いた時に髪や皮膚膜、剥離した角質などがタオルに付きます。
ほかには汗に含まれている塩分や尿素、
石鹸の残りかすなども付いてしまいます。
そこから雑菌が増えていきます。
ですから再び使用して濡れてしまうと、
また臭くなるわけです。

この嫌な臭いを取る方法は、
あるのでしょうか?
殺菌をして雑菌を完璧に取らなくては
いけません。
そのための効果的な方法の一つが熱湯で消毒することです。

煮沸

熱湯消毒の仕方は
鍋で15分くらい洗濯物を煮ます。
でも、いつもお料理をしているお鍋に洗濯物を入れるのって…
ちょっとためらってしまいますよね。

そんな時はお湯浸けが便利です。
最初に衣類が入るくらいの大きさのバケツを準備します。
そのバケツに半分くらいの水を入れます。

その後やかんやお鍋でバケツの半分の量の
お湯を沸かします。
沸騰したお湯をバケツに移します。
このとき、バケツの中の温度は50℃くらいになっています。

お湯を沸かすのが、
めんどくさいと感じますか?
そんな時はシャワーから50℃の熱いお湯を
出します。
それをバケツに溜めます。

お湯の準備ができたら衣類を投入し、
そのまま30分浸けこみます。
お湯が熱いですので
ビニール手袋を使用します。
衣類が全部お湯に浸かるようにぎゅうぎゅう押します。
あとは、いつも通りのお洗濯で大丈夫です。

注意すること
お湯が熱いので、
やけどをしないようにする
何回も熱湯消毒をすると
生地が傷んでしまう
色落ちをするので色別に分けて
熱湯消毒する
【スポンサーリンク】

重曹

洗濯物の臭いを取るもう一つの方法は重曹で洗濯することです。
油汚れも、よく落ちるようです。

元来、私たち人間の身体の中にも
存在している物質なのだとか。
それなら使うに当たって安心ですね。
このようにとても優秀な重曹ですが、
もちろんお洗濯にも活用できます。
臭いの染み付いてしまった衣類の脱臭や
部屋干し特有の臭いを
予防することができます。

洗濯方法

消臭剤として用いる場合
どうしたらよいのでしょうか?
重曹を用いた浸け置き洗いが
効果的なようです。
40℃くらいのぬるま湯に重曹を
小さじ1ほど入れます。

それをよく溶かしたら衣類を30分、
浸け置きにします。
そのあと普通に洗濯します。
これで臭いの問題も解決するはずです。

重曹を用いた洗濯

重曹が消臭剤として効果を発揮することが
わかりました。
ほかには、どのような目的で重曹を使うことができるのでしょうか。

洗濯用液体石鹸と併用
いつもの洗濯で使っている液体石鹸に
重曹1カップを足して洗います。
液体石鹸だけの時より白くなり洗い上がりがすっきりします。

液体石鹸は合成洗剤ではないものを
選びます。
重曹と液体石鹸そして密封容器を
準備します。
重曹を容器に入れ液体石鹸を少しずつ加えてペースト状にします。
粉っぽいな、と思う程度で液体石鹸を
足すのをストップします。
普通の洗濯で使う半分の割合が
重曹になるようにします。

出来上がった重曹ペーストを衣類の気になる汚れに塗ります。
そのまま1時間ほど置きます。
汚れが落ちたのを確認し、すすぎます。

時間が経ってしまった汚れや襟汚れに
役立ちます。
洗濯のほかには汚れがこびりついてしまったお鍋にも効果的です。
頑固な汚れにはさらに水で薄めた酢を足すとよく落ちるようです。

しみ抜き
シャツの襟の汚れ、食べこぼしの油汚れ。
このような汚れは通常の洗濯だけでは、
なかなか落ちませんね。
重曹なら、しみ抜きもすることができます。

小さい容器に重曹と液体酸素系漂白剤を
1:1にして混ぜます。
ペースト状になったところで気になる部分に塗って揉み込みます。
10分たったところで普通に洗濯をします。
この場合、布地が傷んでしまったり
色落ちする可能性があります。
目立たない部分でテストをしてから用いると良いかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

酸素系漂白剤

熱湯消毒や重曹のほかに酸素系漂白剤も
洗濯物の嫌な臭いを取ってくれるようです。
嫌な臭いを生じさせないようにするには原因になっている雑菌を除菌することが
必要です。
その際に役立つのが酸素系漂白剤です。
通常の洗濯の前に酸素系漂白剤で浸け置き
することで嫌な臭いを防げます。

最近よく部屋干し専用の洗剤
見かけるようになりました。
この洗剤のほとんどに酸素系漂白剤が入っているようです。
今度洗剤を購入する時に、ちょっと気にして見てみるといいかもしれないですね。

注意すること
塩素系漂白剤は漂白力が強いため色物には使用しない
使用の前に色落ちテストをする
タオルに漂白剤を含ませて目立たない部分にこすりつける
この時タオルに色移りをしたら使用しない
数分後にすすぎ色落ちした場合も
使用しない

クエン酸

重曹にクエン酸を加えることで消臭効果が
増すようです。
クエン酸はドラッグストアまたは
100円ショップで入手できます。
まずは、水500ccに重曹大さじ2~5を混ぜた重曹スプレーを作ります。
そして次に、水500ccにクエン酸大さじ3~4を加えたクエン酸スプレーを用意します。
それぞれ霧吹き用のスプレーに入れて
混ぜ合わせます。

出来上がった重曹スプレーを衣類の臭いが
気になる部分に吹きかけます。
その部分をもんだあと同じ箇所に
クエン酸スプレーをシュッとします。
15分置いたあと普通に洗濯をします。

重曹スプレーの効果が弱いと感じた場合は
どうしたらいいでしょうか?
そのような場合は気になる部分に重曹を直接付けます。
重曹に少量の水をたらして古い歯ブラシで
こすり洗いをします。
そのあとクエン酸スプレーをして
1時間置き、普通に洗濯します。

お酢

お酢には除菌効果や殺菌効果があります。
お洗濯の際のすすぎにお酢を大さじ2~3
入れることで菌の増殖を防止できます。
そして柔軟剤の効果もしてくれるそうです。
お酢を飲むと身体が柔らかくなる、
というのは聞いたことがあったのですが。
まさか衣類まで柔らかくしてくれるとは!

でも、お酢なんて入れてしまうと嫌な臭いは消えてもお酢の臭いが
残ってしまいそうですが…
洗濯ものが乾くころには、お酢の臭いも蒸発しているようです。

洗濯層清掃
さらに重曹とお酢を使って衣類だけでなく洗濯層の掃除もできます。
まずは洗濯機を40~50℃くらいのお湯で
満タンにします。
そこに重曹1カップとお酢300mlを入れて
3分の”洗いコース”を回します。
この”洗いコース”のみでの運転を2,3回
行ったら半日から1日
そのままにしておきます。
汚れやカビが水面に浮いてきたら
網ですくいます。
ゴミをすくったのち通常コースで洗濯機を運転させます。

感想

今回は洗濯物の臭いを取る方法について
調べてみました。

一番気になるのって
やっぱりタオルの臭いですね…

私は今まで重曹を洗濯や掃除に
使ったことがなかったので
これを機に重曹を使いこなせる
人になりたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 4 =