紫外線から目を守れ!目への影響はそんなに大きいの?紫外線対策に帽子は効果ある?

海外に比べて
日本では遅れていると言われるのが
「目の紫外線対策」です。

日本では真夏でも
サングラスをかけている人が
少ない印象があります。

ファッションとしてだけではなく、
健康器具として捉えてみる
のが大切なようです。

皮膚だったら服を着たり
サンスクリーン剤(日焼け止め)を
塗ったりできますが、

ある医学博士のコメントによると
目のUVカットにはサングラスしか
ないとのことです。

それで今回は
紫外線から目を守るために

目への影響
帽子は効果的なのか
など紫外線対策について調べ
ご紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

目への影響はそんなに大きいの?

紫外線対策というと、
シミやシワ予防など
美容の観点からの対策になりがちです。

もっと健康への
影響を意識したいと思います。

紫外線が原因となる
目の病気には「紫外線角膜炎」や
「白内障」があります。

とくに白内障は
悪化すると失明に至る
こともある病気です。

紫外線角膜炎と白内障
「紫外線角膜炎」は、
強い紫外線を浴びて傷ついた角膜が
炎症を起こす病気です。

目の痛みや充血などの症状が出ます。
スキーヤーに多い「雪目」などが
代表的です。

紫外線角膜炎は一時的なもので、
1~2日すれば治りますが、
紫外線の害が蓄積すると、
より深刻な病気を招くことになります。

「白内障」は、
眼球の水晶体がにごって
光が通りにくくなり、
視力が低下する病気です。

紫外線が角膜を通して水晶体で吸収され、
内部のたんぱく質に
変化が起こると考えられています。

進行すると
失明に至ることも
あります。

【スポンサーリンク】

帽子は被ったほうがいい?

サングラスは万能ではありませんから、
帽子はあったほうがいいようです。

髪や頭皮の日焼けも予防できます。
ただし、
つばの広いものにすること。

目のガードだけなら野球帽でもOKですが、
顔もガードするには麦わら帽子型で、
つばが7センチ以上あるものを
選びましょう。

目を守るために効果的なのは?
サングラスが有効です。
ただし、
色や形が重要。

まぶしいからと色の濃い
サングラスをかけていると、
視界が暗くなるので瞳孔が開きます。

そこに、フレームと顔のすき間から
紫外線が入り込んでしまうと
逆効果になるので、
濃すぎないように注意することが必要です。

形はなるべくレンズ面が大きく、
周りから入りにくいものを
選びましょう。

サングラスの選び方
紫外線対策のための
正しいサングラスの選び方には
どのようなものがあるのでしょうか?

まず最初に
「紫外線」と「まぶしさ」は
別物だということを理解しておきましょう。

度付きのレンズというのは、
ほとんどUVカット済みです。

つまり、
透明のレンズでも
紫外線対策になるのです。

サングラスに色が付いているのは、
まぶしさを抑えるためです。

色が濃いほど紫外線をカットする
わけではないので、
まぶしさを和らげる明るめのレンズを
選ぶことが
ポイントです。

レンズ
サングラスには家庭用品品質表示法に
のっとって、
品質表示の義務があります。
(ファッション用グラスには
表示義務なし)。

紫外線防止の効果が
はっきり表示されたものを
選ぶことがポイントです。

フレーム
フレームの上、横、下から
紫外線が入ってきます。

レンズ部分が大きめで、
できるだけ目の周辺部を
包み込む形状のものを選びましょう。

度付きメガネの上からかけられる
「オーバーグラス」と呼ばれる
大型のサングラスを
使用するのもいいでしょう。

曇りの日なら対策しなくていい?
曇りの日でも快晴時の
70~80%の紫外線が
降り注いでいます。

雲の切れ間から時折、
太陽が顔を出すこともあります。

とくに10~14時は
紫外線量が多いので
注意が必要です。

雨の日でも30~40%あります。
油断は禁物です。

紫外線の強い10~14時はとくに注意

外出時にはサングラスをかける

色の濃すぎるサングラスは逆効果

つばの広い帽子を深めにかぶる

子どもの紫外線対策
世界保健機関(WHO)では、
18歳未満の日焼けは皮膚がんや
白内障のリスクを高めたり、

免疫機能の低下を
引き起こしたりすることから、
子どもの紫外線対策の重要性を
呼びかけています。

日本では1998年から母子健康手帳に
「日光浴」の記載が消え、
日陰で行う「外気浴」が
推奨されるようになりました。

子どもは大人に比べて細胞分裂が
盛んなため、
傷ついた遺伝子が間違って修復される
可能性が高く、

同じ紫外線量でも、
子どもの頃に浴びるほど影響が
強いと言われています。

最近は子供向けのサングラスも
バラエティー豊かになってきているので、
外で遊ぶ際は子供にサングラスと
帽子を身に着けさせるように
したいものです。

紫外線から肌を守れ!

肌の対策はテレビや雑誌で何度も
取り上げられていますが、
意外に知られていないことも多いようです。

自分の腕の内側の皮膚を
眺めてみてください。
シミやシワが少なく、
外側と比べてきれいなのでは?

これが紫外線を浴びてこなかった肌です。

これ以上、
シミを増やさないためにも、
今すぐ紫外線対策を始めましょう。

シミとシワ
紫外線による慢性損傷を
「光(ひかり)老化」と呼び、
シミ・シワが主な症状です。

日焼けして肌が黒くなるのは
色素細胞にメラニンを作り出すように
指示が出されたからです。

その後、
次第に修復されて普段の肌色に戻りますが、
紫外線によるダメージが重なると、

メラニンが過剰に作られるようになり、
それが皮膚内部に蓄積されて
「シミ」となります。

「シワ」の原因はいくつかありますが、
紫外線もその一つです。

長い間、
くり返し紫外線を浴び続けることによって細胞が傷つき、
肌がくすみ、皮膚の弾力が失われ、
シワができます。

屋内なら紫外線は入ってこない?
B波は窓ガラスでカットされますが、
A波はガラスを通して屋内まで入ってきます。

B波と比べて力の弱いA波ですが、
一年中、
地表に届いているので注意しましょう。

対策としては、
室内でも日中は肌の露出を避ける、
軽めの日焼け止めを塗るなどできます。

また、
窓ガラスにUVカット加工のレースカーテンを
かけたりするなど工夫しましょう。

すでにシミがあるので対策は遅い?
紫外線のB波はパワーが強力で、
肌にシミを作ります。

一方、
A波はB波に比べて新しいシミを作る力は
低いですが、
今あるシミを濃くする力はB波よりも
強いことがわかっています。

今のシミをこれ以上目立たせないためにも、
対策はまだまだ必要です。
とくに紫外線の強い10~14時は要注意。

日本人は皮膚がんになりにくい?
肌のメラニン色素が少ない人ほど皮膚がんになりやすいので、
欧米の白人と比べて日本人は
メラニン色素が多く、
なりにくいと言えます。

しかし、
高齢化に伴い、
子どもの頃から浴びた紫外線の総量が
影響して、
皮膚がん患者は増えてきています。

今後も増え続けると予想されています。

肌の対策は日傘だけでもいい?
日傘は直射日光の90~95%をカットしてくれるので有効です。

ただし、
紫外線はアスファルトやビルの壁などで
乱反射するので、
日焼け止めも併用しましょう。

日傘をささないときは帽子を被るように。

外出時には日傘か帽子でガードする

日焼け止めをこまめに塗る

屋内に入ってくる紫外線にも注意

とくに海や山に行くときは厳重な対策を

日傘の選び方
紫外線対策としての正しい日傘の
選び方には、
どのようなものがあるのでしょうか?

日傘には、
紫外線と熱中症を防ぐ効果が期待できます。

色の濃い傘のほうが紫外線を
通しにくいですが、
一方で熱を吸収して傘自体が熱くなります。

ですから、
何の色でも効果が変わらない
UVカットと遮光の
2つの加工が施された日傘を選びましょう。

見分け方は簡単です。
商品のタグに必ず表示されているはずです。
UVカットは「99%以上」のものを選びます。

遮光は「一級遮光(遮光率99.99%)」
のものを選べば間違いありません。

注意すべき点は、
UVカット加工は2~3年で効果が
薄れるということです。

晴雨兼用の傘であれば、
それ以後は雨天用として使用しましょう。

感想

私はこれまで
紫外線対策というよりは

日焼けをすると肌が赤く腫れてしまうので
日焼け止めを塗っていましたし

暑いのが苦手なので
日差しから逃げるために
日傘をさしていました。

目もまぶしくて
開けていられないので
サングラスをかけていました。

やっていることは
意外と正解だったのかも
しれませんが

ちょっと動機が違うような気もします・・・

今回、紫外線対策について
調べものをすることによって
今まで行ってきた習慣に
さらに意味を持たせることができましたし

これから紫外線対策グッズを
選ぶときもチェックポイントを
よく考えながら選んでみたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =