麦粒腫とは?子供がなった時の治し方!霰粒腫との違いについて

みなさんは麦粒腫
という言葉をお聞きになったことは
あるでしょうか?

私は以前に、
ものもらいについて
調べている時に初めて、

この言葉を知りました。

ものもらいを学術的な言い方で表すと
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
という言葉になります。

ほかには
霰粒腫(さんりゅうしゅ)
という呼び方もします。

麦粒腫と霰粒腫には、
どのような違いがあるのでしょうか?

子供が麦粒腫になってしまった時は、
どのような治し方が良いのでしょうか?

今回は、
このような疑問について
調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

麦粒腫とは?

ものもらい
と呼ばれている目の病気の一つを
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言います。

始めの症状としては、
まぶたの一部が赤く腫れて
痛みやかゆみを伴います。

ほかには白目が充血したり
まばたきをした時に目が痛かったり
ごろごろする、という症状が見られます。

次第に赤身や腫れが強くなって、
痛みを伴うようになります。

症状が進むと、
腫れた部分が自然に破れ
膿(うみ)が出ることがあります。

その後、回復に向かいます。
炎症が治まれば数日で治るようです。

まぶたの外側やまつ毛の根元に
できたものを外麦粒腫といい、

まぶたの縁にあるマイボーム腺に
できたものを内麦粒腫といいます。

まぶたにかたいしこりができる
霰粒腫(さんりゅうしゅ)も、

「ものもらい」と一般に言われることが
ありますが、

こちらは別の病気として
区別されています。

ものもらいには、「めいぼ」「めばちこ」
「めばち」「めっぱち」
「めっぱ」「のんめ」

という呼び方があり地方によって
異なるようです。

みなさんの地域では
どのような呼び方が
されているでしょうか?

原因

麦粒腫の原因は
主に黄色ブドウ球菌という細菌に

感染することで起こる急性の
化膿性炎症にあります。

黄色ブドウ球菌とは特別なものではなく、
体のあらゆる場所に存在する
常在菌のことをいいます。

常在菌は健康な人の喉や鼻の穴、
手などの皮膚や毛髪にも付着しています。

ほかには表皮ブドウ球菌
と呼ばれるものがありますが、

これも生活環境のどこにでもいる
種類の細菌です。

このような細菌は、
切り傷を化膿させたり、
ニキビを作ったりします。

麦粒腫の原因は、
私たちの生活に密着している細菌が、

何らかのきっかけで炎症を
起こすことにあります。

感染力は低いので
健康な状態ならば
害を及ぼすことはありませんので

他の人に感染することに
神経質になる必要はありません。

ですが先方の免疫力が
低下してしまっていると

感染してしまう可能性が
あるかもしれません。

治療方法

治療には
抗生物質の点眼薬や
内服薬を用います。

もしも化膿が進んでしまった場合は
切開をして膿を出すことが
必要になってしまうようです。

そうなってしまわないためにも
症状が悪化する前に
眼科に行ったほうがよさそうですね!

【スポンサーリンク】

子供がなった時の治し方

お子さんがまだ小さかったり
今までになったことがない場合は

自分の症状をきちんと
伝えられないかもしれませんね。

子供のまぶたに麦粒腫ができたときには、
どのような様子が見られるのでしょうか?

目が腫れるなら
わかりやすくていいのですが

目が腫れていない場合は、

頻繁に目の違和感を気にするような
しぐさを見せるようだったら
危険信号です。

早めに眼科を受診するのが
良いと思います。

そうなってしまった場合の
治し方には、どのようなものが
あるのでしょうか?

治し方は、
麦粒腫か霰粒腫かで
違ってきます。

病院の先生に聞きながら
お子さんにとって一番よい治し方に
出会えるといいですね。

麦粒腫の場合

麦粒腫は
雑菌が入り込んだことで
起こる症状です。

麦粒腫の場合は、
抗菌目薬を点眼したり
軟膏を処方してもらうこともあります。

腫れている場合は、
目薬のほかに、
抗生物質が処方されます。

この治療方法によって
1~2週間くらいの短い期間で
治すことができます。

目薬をたくさん点眼しても
効果に変わりはありませんので
決められた通りに点眼いたしましょう。

化膿がひどいときは、
切開して膿を出します。

霰粒腫の場合

霰粒腫は雑菌が原因ではないので
抗菌目薬は効果がありません。

この場合は自然に治ることが
あるようです。

目を清潔にして
まぶたを温めるようにすることによって
自然に治せるかもしれません。

治るまでの期間は少し長めで
2ヶ月~半年くらいかかるようです。

念のため化膿しないように抗菌薬を
点眼して
予防するのがよさそうです。

急性化膿性霰粒腫になり、
しこりが大きくなってしまったときは、
摘出手術をすることもあります。

この手術は10~15分くらいで終わります。

手術になった場合、
子供は恐怖のあまり
暴れてしまうかもしれません。

そのために手術は全身麻酔で
行われることもあるようです。

術後は通院して治します。

1日に3~4回、
抗菌目薬や抗生物質をさして
経過観察をします。

手術の後で涙が止まらない
状態になったり、

腫れがひどかったり強い痛みがある場合は
感染症の疑いがあります。

手術を避けたい場合は、
しこりがある所にステロイドを
注射することもできます。

霰粒腫との違い

麦粒腫と霰粒腫

まぶたが赤く腫れる状態をよく
「ものもらい」と呼びますが、

実際には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と
霰粒腫(さんりゅうしゅ)という

全く別の病気を合わせてそのように
言っていることがほとんどです。

この2種類の病気は
同じに考えられやすいですが、
実は症状も原因も全く違います

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の症状と治療
麦粒腫が、
「ものもらい」「めばちこ」のことです。

まぶたにある腺が化膿して炎症を
起こしてしまい、

腫れて痛くなった状態を
麦粒腫と呼びます。

まつ毛の根元の脂腺や汗腺に起こる
外麦粒腫と、

まぶたにある瞼板腺
(脂腺の一種)に起こる
内麦粒腫があります。

化膿しているということは、
ばい菌に感染して炎症を
起こしている証拠です。

症状にはまぶたの腫れ、
赤み、痛みがあります

中に膿があるときは、
切開するか注射針で刺して
膿を出します。

膿は出したほうが
早く治ります。

それから症状に合わせて
抗生物質の点眼・内服・軟膏が
処方されます。

早めに病院に行くことによって、
薬で細菌の働きが弱くなり、

膿が形成されないうちに
治るかもしれません。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の症状と治療
霰粒腫は麦粒腫(ものもらい)と
間違えられやすいですが、
この2つは全く別の病気です。

霰粒腫には麦粒腫を
「ものもらい」と呼ぶような
通称はありませんが、

地方によっては「めいぼ」や「めぼ」
と呼ぶ所もあるようです。

霰粒腫は、
まぶたの脂の腺の慢性肉芽腫
を指していいます。

つまり、
脂のかたまりのようなものが、

まぶたの組織の中にできる
ということです。

全然、痛みがないのが
麦粒腫と違うところです。

指で押しても痛みはなく
目を閉じた状態で上から触れると
かたまりが指に触れるのがわかります。

かたまりが小さいうちは
点眼のみで経過を見ます。

ある程度大きくなったら
切開して中の脂を取り出します。

切開するときは、
まぶたを裏返し、
結膜側から行います。

ですので、
表面の皮膚に
傷跡が残る心配はありません。

切開の長さは1mmくらいで、
麻酔をした上で行います。

子供が暴れたりする場合
全身麻酔で手術室で
行われることもあります。

ほとんどの場合は
外来の処置室で行います。

患部にはふれないようにして、
清潔を心がけましょう。
麦粒腫は糖尿病などの病気が原因で起こることもありますので、
再発を繰り返す場合は受診しましょう。
高齢者に繰り返し起きる霰粒腫は、
悪性の腺がんの可能性があるため
痛みがなくても放置せず
受診をいたしましょう。

感想

今回は麦粒腫、
いわゆる「ものもらい」について
詳しく調べてみました。

一般的に「ものもらい」
と呼ばれるものの中にも

麦粒腫と霰粒腫がある
ということも知りましたし、

正確には「ものもらい」は
麦粒腫のことを表しているということも
知ることが出来ました。

これまでなんとなく
目が腫れる→ものもらい
目が充血する→結膜炎

と勝手に判断していたのですが
そうでもなさそうですね…

こうなると
ものもらいと結膜炎の違いについても
詳しく調べてみたくなりました。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 11 =