「すみません」と「すいません」ではどちらが正しいの?「ごめんなさい」との違いは?

日本語の謝罪の言葉といえば、
「すみません」と「すいません」の
2つの単語が出てきますね。

私は、
いつも「すみません」を使います。

でも友達はいつも
「すいません」を使っています。

この2つの言葉はどう違うのか?
常日頃から疑問に思っていました。

それで今回は
「すみません」と「すいません」では
どちらが正しいのか?

ということについて詳しく調べてみたいと
思います。

【スポンサーリンク】

借りを返せず気が済みません

まず、
「すみません」という言葉の語源について
考えてみたいと思います。

「すみません」とう言葉は
「済む」という動詞からきています。

この動詞を打ち消す意味として「ぬ」という言葉を用い、
それをさらに丁寧にしたのが
「すみませぬ」という言葉です。

この「ぬ」という部分を
「ない」と表した言葉が
「すまない」という表現になりました。

「すみません」は「私の気が済まない」
という意味です。

私はあなたに対して
「借りがある」と感じていて、
まだ返していない、

あるいは大きすぎて今後も返せそうにない、
だから私の気持ちは収まりません、
ということ。

相手の心を傷つけたり
迷惑をかけたりしたときは、

「この大きな借りを返すのは難しく
私の気が済むことはないでしょう」
ということで「すみません」が
謝罪の言葉になります。

ちなみに恩義も
「借り」と見ることができるので
「すみません」は感謝の言葉にもなります。

「すみません」は、
真摯な謝罪の場だけでなく、

街で他人の肩に触れた、
といった場面でも多く使われるので
「いつでも使えるおとなの謝罪の言葉」
という感じ。

便利な反面、
その文言だけでは
「心からの謝罪」という
雰囲気は生まれません。

ところで、
「すみません」という言葉は
どういう時に用いるでしょうか?

辞書には
「すまない」を丁寧語にしたもので
謝罪・依頼・感謝をする時にも使用する、
と書かれています。

謝罪とは?
「すみません、次回から気をつけます」

依頼とは?
「すみません、○○さん、
これ、お願いします」

感謝とは?
「すみません、
このたびはありがとうございました」

という使い方をする言葉です。

たった「すみません」という一言で
こんなにいろいろな使い方ができるんですね!

「すみません」には他にも意味があるようで
「済みません」という言葉は
「澄みません」という漢字でも
表すことができるそうです。

相手に対して悪いことをした時は気持ちがよどんでしまうけれど、
謝罪することで気持ちが晴れる、
澄んでくる、
という意味があるのだそうです。

【スポンサーリンク】

すみませんとすいませんではどちらが正しい?

一方「すいません」という言葉は、
書き言葉ではなく、
しゃべり言葉を語源としています。

「すみません」をしゃべり言葉にするとき、
少し省略したニュアンスで出てくる表現が
「すいません」になります。

意味としては同じですが、
「すいません」は
少し訛りに近い感じでしょうか?

たとえば「洗濯機」を
「せんたっき」と言ったり
「プラスチック」を「ぷらっちっく」と
発音するのに似ているでしょうか。

このように、
文語(書き言葉)が発音しにくくて
口語(話し言葉)にする際に変化した発音の
単語は他にも色々あります。

・どこか→どっか
・くだらない→くだんねぇ

関西弁だと「すみません」は
「すんまへん」とか「すんません」
と言いますね。

では「すみません」と「すいません」では
一体どちらが正しいのでしょうか?

答えは
「すみません」が
100%正しいです。

書き言葉は「すみません」
「すいません」は話し言葉に近く、
少し砕けてしまう感じになりますので
書き言葉にする時は「すみません」が
良いでしょう。

しゃべり言葉の時は?
話す時も、
「すみません」を使うのがベターですが、
多くの方は言いやすい
「すいません」を使っているようです。

特に関西では
「すいません」を使う方が
多いようです。

しゃべり言葉は
そのシーンによっては
「すいません」でも
大丈夫ということでしょうね。

サーセン
「すみません」の省略形が
「すいません」で

さらに省略したのが
「サーセン」
といったところでしょうか(笑)

学生の仲間内では
OKかもしれませんが
それ以外の場面では
避けるべき言葉ですね。

ビジネスシーン
ビジネスシーンや目上の人に
謝罪あるいは感謝をする場合、
「すみません」を使ってはいけません。

ビジネスの場面では、
「申し訳ございません」や
「申し訳ありません」
という言葉を使うことができます。

「申し訳ない」を使うと
失礼に当たりますし、
「ごめんなさい」も避けるのが無難です。

電車から降りたいと思った時
人が目の前に立ちはだかっていたら
「すいません」と言うと思います。

でも同じ場面を
書き言葉で表すとき
「すみません」になるはずです。

「すみません」と「すいません」の違いは
書き言葉と話し言葉の違い
といったところではないかと思います。

友人とのメールのやりとりでは
「すいません」でもOKかもしれませんが
文書にする時は「すみません」を使うのが
正しいと言えます。

ぜひ正しい日本語を使って
自分も相手もいい気持ちを
味わいたいですね!

ところで、
仕事でミスをしてしまった時や
上司に注意をされてしまった時

あなたは
「すみませんでした」
と言いますか?

実はこの「すみませんでした」という言葉は
敬語の会話ではNGだということも
覚えておきましょう。

正しい表現として
「申し訳ありません」や
「恐れ入ります」を使うことができます。

ちなみに、
日常の挨拶の言葉には
もともとの文章を省略した
言い方の言葉が多くあります。

こんにちは…「今日は
ご機嫌如何でございますか」
→省略形が「今日は」

さようなら…「然様なら(では)
お別れいたしましょう」
→省略形が「然様なら」

ありがとうございます…
「(そのようなことをして下さるのは)
有難うございます
(なかなか無いことです)」
→省略形が「有難うございます」

「ごめんなさい」は和解の言葉

「すみません」の他に
謝罪の言葉の代表格といえば
「申し訳ありません」
「ごめんなさい」ですね。

このうち「申し訳ありません」は
文字通り「言い訳ができません」
ということですが、

残る二つは、
なぜこう述べることが謝罪になるのか、
わかりづらい言葉です。

「ごめんなさい」は漢字で書くと
「御免なさい」。
「免」は「免じる」行為を指します。

「免じる」とは、
それまで課せられていた
役目、義務、制限、罰
などから解放すること。

昔は人に迷惑をかけた際に、
罰や弁償を「免じること」を願って
「御免候え(ごめんそうらえ)」
と言う習慣があり、

これが「御免なされ」
などを経て現在の「御免なさい」
に変わったと考えられます。

いまの言葉にするなら
「おゆるしください」ということです。

「私の気は済まない」という
「すみません」と、
「ゆるしてくれ」と訴える
「ごめんなさい」では、

「すみません」のほうが
深い反省に思えますが、
そうとも言えません。

それは、
日本の多くの親が、
あやまちを犯した子を叱るとき、
「ごめんなさい」と言わせてからゆるす、
という手順を踏んでいるからです。

多くの人がそのように育てられているので、
日本人にとって「ごめんなさい」は、
身近な人に素直にあやまって和解を
請うための言葉。

ですから
ビジネスに関する謝罪などには
合いませんが、
反省の気持ちが前面に出る表現と言えます。

お勧めしたいのは、
ずっと仲良くしたいと思っている
身近な人にあやまるときは「ごめんなさい」
を多く使うことです。

謝罪だけでなく、
仲良くしたい、
素直でありたいという気持ちも伝わります。

感想

以前に接客の研修を受けた時のこと。

「お客様に謝るときは
すみませんではなく、
申し訳ございませんと言うように。

すみませんでは
済みませんよ。」

と教えられました。

日本語って難しいですね。

でも今回の調べものによって
ごめんなさいという言葉が

ずっと仲良くしたいと思っている人に
謝るときにふさわしい言葉
ということを知って
なんだか嬉しくなりました!

けっこう今まで
すいませんでは失礼だと思って
すみませんを使っていたのですが、

これからはもっと
素直な気持ちでそして
これからもずっと仲良くしてね
の気持ちをこめて
ごめんなさいの言葉を使おうと思います!

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =