柏餅と菖蒲湯の由来とは?子ども向けに簡単に説明すると?

みなさんは五月五日に
菖蒲湯に入る習慣はあるでしょうか?

菖蒲は江戸時代より武家の間で
「尚武」「勝負」にちなんで
男の子の出生や出世を願うことと
結びついていました。

そのようにして
端午の節句と菖蒲が密接になって
欠かせないものとなりました。

私は菖蒲湯には入ったことはないのですが、
この時季に柏餅は必ず食べます。

ほかに、ちまきを召し上がる方も
いらっしゃいますね。

今回は柏餅と菖蒲湯の由来について
調べてみたいと思います。

さらにこの習慣を子どもに簡単
伝えるにはどうしたらいいのか
についても調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

柏餅の由来

ちまきが中国を由来しているのに対し、
柏餅は日本独自のものです。

柏餅は上新粉で作ったお餅で餡をくるみ
柏の葉で包んだものです。

昔から柏の葉は、
神様へのお供え物を盛るための器として
使われていて、
柏の木はとても神聖なものとして
扱われていました。

柏の葉は、冬を越えて
次の新芽が育つまでは
古い葉が落ちないことから、

子孫が絶えないようにという
願いが込められています。

新芽を子供、古い葉を親に例えて
「子供が生まれるまでは親は死なない」
「跡継ぎが絶えない」と
考えられていました。

その「家系が絶えない」から
「子孫繁栄」と結びついて、
縁起のいい食べ物として定着したようです。

当時の武家社会では
子孫が絶えてしまうというのは
家にとって大きな問題でした。

乳児の死亡率が高かったこともあって
柏の葉を用いる柏餅
そんな人々の縁起担ぎだったのだと
思います。

それから徐々に、柏餅は武家だけでなく、
庶民の間でも端午の節句の食べ物として
広まっていったようです。

柏餅を蒸していると、
柏の葉のいい香りで
幸せな気分に。

この日本独特のお菓子が生まれて、
端午の節句の食べるようになったのは、
江戸時代だといわれています。

ちょうど九代将軍の徳川家重から
十代将軍の徳川家治の頃のようです。

江戸時代の書物で1641年のものには
5月の季語として「柏餅」は
記載されていませんでした。

それに対し1661年から1673年に
かけてまとめられたものでは、
5月の季語として「柏餅」が
載せられています。

このことから柏餅
端午の節句の食べ物として定着したのが
1641年以降であると考えられています。

柏の葉の裏表
お餅を包んでいる柏の葉が表の時と裏に
なっているものがあります。
これは中身の餡の味で違うようです。
柏の葉の表が外になっているのは
こしあんで、
同じ表が外でも、お餅が蓬餅
(よもぎもち)で緑色であれば
中に入っているのは
粒あんです。
そして葉っぱの裏面が外になっている
場合は味噌餡が入っています。
今でこそ小豆餡が主流ですが昔は味噌餡や塩餡が一般的だったようです。
【スポンサーリンク】

菖蒲湯の由来

柏餅と並んで
端午の節句で有名なのが
菖蒲湯ですね。

菖蒲湯とは、
菖蒲の葉や根を入れて
沸かしたお風呂のことをいいます。

ところで、
どうして端午の節句には
菖蒲湯に入るのでしょうか?

端午の節句は別名
「菖蒲の節句」ともいわれるように、
本来は菖蒲が主役の厄払いの行事でした。

菖蒲を軒下や
家の門などにつるしておくと
厄除けになるといわれています。

菖蒲の花は
端午の節句の
時季に咲きます。

菖蒲は香りがとても強く
中国では昔から邪気を祓(はら)う
薬草として用いられていました。

この強い香りにはリラックス効果もあり、
菖蒲湯に入ることによって、
疲れを取るのに効き目があります。

この習慣は中国から伝わったとされていて
この時季は春から夏への
季節の変わり目とされています。

中国では、この時季は体調を崩しやすいと
言われていて、
邪気を祓う薬草で知られていた
菖蒲湯に入ったようです。

ほかには菖蒲酒を呑んだり、
束ねた菖蒲を軒下につるして
無病息災を祈りました。

日本でも春の時季は
体調を崩しやすい子どもが多かったため、
この中国からの習慣を端午の節句に
取り入れたといわれています。

菖蒲湯が入って来る前の日本では
田植えの前に

厄払いをしたり浄化作用がある菖蒲の葉や
よもぎを軒下につるして悪いものを
追い払うという
習慣がありました。

日本でも中国と同じく
菖蒲には厄払いの効果がある
と考えられていたんですね。

その後、江戸時代に
端午の節句の行事として
広まっていったようです。

菖蒲湯によって、血行をよくし
保温効果をもたらすのは茎の部分なので、
お店で買うときは、できれば茎つきのものを選びましょう。

葉の部分が
香りをもたらしてくれますので
根茎と一緒に入れると効果的です。

使用する菖蒲は10本くらいです。
菖蒲のいい香りに包まれて
温まると気持ちもほかほかに
なりそうですね。

菖蒲湯の効能
☆血行促進 ☆腰痛緩和 ☆神経痛緩和 ☆冷え性 ☆筋肉痛
☆リウマチ ☆肩こり ☆保湿効果 
☆リラックス効果

菖蒲には、
アザロン、オイゲノール
といった精油成分が含まれています。

この成分が
腰痛や神経痛を
和らげる効果があります。

間違えてしまいそうなのが
美しい花が咲く
紫色の花菖蒲です。

花菖蒲は
葉が菖蒲に似ているために
こう呼ばれています。

名前は似ていますが、
菖蒲はサトイモ科、花菖蒲はアヤメ科で、
まったく別のものです。

花菖蒲をお風呂に入れても
香りや効果は期待できません。

菖蒲湯に入る習慣が始まったのと
同じ時代から
こいのぼりを飾る習慣も始まったようです。

菖蒲を湯船に入れる
菖蒲は輪ゴムで束ねておきます。
湯沸しの場合は水のうちから菖蒲を入れて少し高めの温度にします。
給湯式の場合は浴槽にお湯を
張っていないときに菖蒲を入れて
少し高めの温度のお湯を入れます。
普段より少し高めの温度にすることで
香りを増すことができます。
実際に入るときに少し冷ましてから
入ります。

菖蒲を湯船に入れない
まず菖蒲の葉っぱを包丁で細かく刻み、
それをお茶パックに入れます。
そのパックを洗面器に入れて熱湯を注ぎ
10~15分くらい漬けておきます。
成分が出たお湯を浴槽に入れて
楽しみます。

子供向けに簡単に説明

ここまでで柏餅と菖蒲湯の由来について調べ
まずは私たち大人が意味を
よく理解することができました。

では小さな子どもから
「どうして、こどもの日には
柏餅を食べるの?」と聞かれた場合

どのように子どもたちに分かるように
説明することができるでしょうか?

端午の節句の端午や、こいのぼりは
中国から来たんだけど
柏餅は日本だけのものなんだよ。

柏の木の葉っぱは新しい芽が
出るまでの間、
古い葉っぱは落ちてしまわずに、
ずっと木にくっついているの。

このことから子どもが生まれるまで
お父さんとお母さんは死なない、
と思われていてとても良いもの
って考えられていたんだよ。

昔の人たちは男の子には、
お家を守っていく
大切な役目がある、と考えていたんだね。

と、こんなふうに説明してあげるのは
いかがでしょうか?

もう一つの端午の節句の風習である
菖蒲湯について
「どうしてこどもの日に菖蒲湯に入るの?」
と聞かれたら、どのように子どもに
説明してあげられるでしょうか?

菖蒲湯に入るのは
中国で行われていた習わしで、
そこから日本に伝わってきたんだよ。
5月くらいは季節の変わり目って言って
病気になりやすいので、
そうならないために
菖蒲湯に入っていたみたい。
この菖蒲湯には悪いことから私たちを
守ってくれる、という意味があるの。
子どもたちが病気やけがをしないで
元気でいられますようにと、
お願いをしながら
入るといいんだって。と簡単に伝え
あとは菖蒲とはどのようなものなのか、
どんな香りがするのか実際に見せて
菖蒲湯に入って体験してみるのが
一番よいかもしれませんね。

百聞は一見に如かず、ですね!

感想

今回は、柏餅と菖蒲湯の由来について
調べてみました。

柏餅の葉っぱの表裏で
中に入っている餡が違うのは
今まで知りませんでした。

今度食べる時には
そんなことも意識しながら
食べてみたいと思います。

我が家は24時間風呂を設置しているので
自宅で菖蒲湯を楽しむのは難しいのですが

機会があったらぜひ
今まで体験したことのない
菖蒲湯にも入ってみたいと思います。

きっと、いい香りがするんでしょうね。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + one =