過活動膀胱炎とは?女性の症状と原因について調べてみました

「トイレが近くて」
困っていませんか?

私は最近トイレが
近くなってしまって

出かけるたびに
いつもトイレのことを
気にしなくてはいけません。

「歳のせい」とあきらめていましたが
薬局で、あるパンフレットを見かけ

「もしかしたら私にあてはるかも」
と思いました。

それが、
過活動膀胱という
病気です。

今回は、
この過活動膀胱炎について調べ

特に女性の立場から
その症状と原因について
ご紹介できたらと思います。

【スポンサーリンク】

過活動膀胱炎とは?

過活動膀胱の患者さんは
多いのですか?

多くの女性が過活動膀胱で悩んでいます。

ある調査によると、

日本人の40歳以上の
女性のおよそ10人に1人が、
過活動膀胱の症状を経験しているようです。

この中で、
およそ半分の方が
切迫性尿失禁を経験しています。

どのくらいの患者さんが
受診されているのですか?

受診されている方は年々増えています。

過活動膀胱を医師に相談される方は
増えていて、

今では多くの方が相談されているようです。
2012年には約238万人になりました。

【スポンサーリンク】

過活動膀胱の症状とは?

過活動膀胱の症状には
どのようなものがあるのでしょうか?

・急にトイレに行きたくなり
間に合わないかもとヒヤヒヤする

・家事や電話中に
すぐトイレに行きたくなる

・夜、何度もトイレに起きて
よく眠れない

・尿がもれて
恥ずかしい思いをした

・長時間の外出を避けている

・トイレが気になって
旅行を楽しめない

このような症状が
見られるようなら

過活動膀胱の可能性が
あります。

もう少し
過活動膀胱の症状
について調べてみます。

尿意切迫感
それまで何でもなかったのに、
突然トイレに行きたくなり、
がまんすることが難しい症状です。
過活動膀胱の患者さんでは
必ず見られる症状です。

昼間頻尿
日中に8回以上トイレに行く症状です。

夜間頻尿
夜中に1回以上、おしっこのために
起きたりする症状です。

切迫性尿失禁
突然のがまんできない
強い尿意のために、
トイレまでかまんできず、
尿がもれてしまう症状です。

過活動膀胱が起こる原因は?

過活動膀胱は
どのようなしくみで
起こるのでしょうか?

過活動膀胱は、

膀胱が異常な
働きをすることで
起こります。

膀胱が勝手に縮んだり、
過敏な働きをするために、

尿が充分たまっていないうちに、
急に、
がまんできない尿意が起こります。

神経系のトラブル
脳卒中などの後遺症で、
脳と膀胱の筋肉を結ぶ
神経の回路に障害が起きた場合。

骨盤底筋のトラブル
出産や加齢によって、
子宮、膀胱、尿道などを
支えている骨盤底筋と呼ばれる
筋肉が弱くなった場合。

それ以外
何らかの原因で膀胱の神経が過敏に
働く場合や、
原因が特定できない場合。
過活動膀胱の多くは、
原因が特定できないようです。

病院・診療所では、初めにどんなことを調べますか?

病院に行ったら
どのような流れ
診察していただけるのでしょうか?

➀受付
受付では問診票を渡されることが
よくあるようです。

その際に自分の症状について
次のような情報を
知っておくと便利です。

☆朝起きた時から寝る時までに、
何回くらい尿をしたか

☆夜寝てから朝起きるまでに、
何回くらい尿をするために起きたか

☆急に尿がしたくなり、
がまんが難しいことがあったか

☆急に尿がしたくなり、
がまんできずに尿を
もらすことがあったか

➁待合室
待合室では看護師の方に
おしっこをとって窓口に
出すように言われます。

尿検査では、

尿の成分や性質を分析し、
血尿がないか、
細菌が入っていないかを調べます。

がんや感染症などの病気を
見つけることができます。

・尿潜血・血尿…がんや結石の化膿性
・細菌…感染症の可能性

➂診察室
診察室の問診では、

どんな症状があり、

それによって日常生活に
どの程度の支障があるのかを
医師が聞いてくださいます。

できるだけ具体的に
お医者さんに話しましょう。

・尿漏れの有無(どのようなとき?)
・トイレの頻度
・「がまんできない」という切迫感の有無

など

➃エコー検査
ひと通り問診が終わると
エコー検査をします。

超音波検査(エコー)では、

膀胱に残っている尿(残尿)の量や、
腎臓・膀胱の形や状態、
がんや結石が無いかなどを調べます。

これらの検査のほかに、

血液検査、膀胱鏡検査、
エックス線検査などが
行われることもあります。

➄再び診察室
尿検査の結果によって、
がんや感染症の疑いがないか
診断されます。

問題がない場合
おそらく「過活動膀胱」

という病気についての
説明があるかと思われます。

ここで紹介した内容は、
診察の流れについてのもので、

私たちの病気や治療に関する
アドバイスとなるものではありません。

診療の流れは、
あくまでも診療の一例です。

医療機関あるいは
私たちの症状に応じて

診療の流れ、
検査の種類、
治療等が異なるということも

よく覚えておきたいと思います。

「過活動膀胱」と診断された場合
症状をおさえるお薬をしばらく飲む
ことを勧められるかもしれません。

特に女性は尿が漏れやすく
その原因として

病気で膀胱が過敏になるのが
「過活動膀胱」のようです。

悪い病気ではありませんが
日常生活に大きな影響を
及ぼしますので

心配な場合は
やはり一度医療機関を
訪れるのが良いかもしれませんね。

過活動膀胱の治療

過活動膀胱の治療は
どのように行われるのですか?

薬による治療
主に抗コリン薬とβ3(ベータスリー)作動薬
というお薬が使用されます。
抗コリン薬は従来から広く使われている
薬剤で、
膀胱の異常な収縮をおさえる
働きがあります。
β3作動薬は抗コリン薬とは異なる働きをし、
膀胱の筋肉をゆるめます。
どちらも膀胱に尿をしっかり
ためられるようになるようです。

その他の治療
薬で効果がない時には、
骨盤底筋の収縮力を強化したり、
膀胱や尿道の神経の働きを調整する
電気刺激法で治療することも
できるようです。
「膀胱訓練」や
「骨盤底筋訓練(骨盤底筋体操)」
というトレーニングも効果があります。

早めの相談

過活動膀胱という病気を、
まだご存知ない方もいらっしゃいますが、

多くの方がそのつらい症状に
悩んでいるようです。

過活動膀胱の症状は、
たいていの場合、
薬で改善することができます。

実際に薬による治療で、
つらい症状から解放された方も
たくさんいらっしゃいます。

元気で、
生き生きとした生活を送り、
夜もゆっくり休めるように、

歳のせいとあきらめずに、
そして、一人で悩まずに、

早めに医師に相談するのが
よさそうですね!

過活動膀胱についての疑問

☆トイレが近いのは歳のせいで、
治療しても治らないのではないでしょうか?
過活動膀胱には、
歳をとることで起きてくる
神経の異常が関係することがあり、
実際に、
年齢の高い方ほど過活動膀胱の方は
多くなるようです。

しかし、
歳をとった方でも、

治療を受ければ多くの方が症状を
軽くすることができます。

ぜひ医師に相談したいですね。

☆病院・診療所に行ったら、
いろいろ検査をされるのですか?
過活動膀胱の可能性がある時には、
病院・診療所では、
まず問診や質問票を使った
診察が行われるようです。

他の病気ではないことを確かめるために、
尿検査や超音波検査、
レントゲン検査などを行うこともあります。

これらの検査は、
とくに身体への負担の少ない
検査なので心配はいらないみたいですね。

感想

今回は過活動膀胱について
調べてみました。

少し前に訪れたクリニックのトイレに
過活動膀胱について書かれていた
ポスターを見かけました。

この時に初めて「過活動膀胱」という
病名を知りました。

私も一度、病院で相談してみようかと
思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =