お盆とはどんな意味があるの?夕涼みの意味は?暑気払いの時期は?

8月と聞くと
お盆の時期を
イメージされる方も
多いかと思います。

ほかには
暑気払いや
夕涼みという言葉も
8月から
連想しますね。

それで今回は
お盆、暑気払い、
夕涼み。

それぞれの
言葉の意味と
行われる時期について
調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

お盆とはどんな意味があるの?

お盆
お盆の正式名称は
仏教用語の
盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。

お盆は
この盂蘭盆会の
略なんですね。

先祖の霊を迎え入れ、
僧侶の読経(どきょう)で供養し、
送り火をして帰っていただく。

お盆とはどんな意味なのかというと、
亡くなった人や
祖先の霊が帰ってくるとされており、
みんなで迎えておもてなしをする日。

このお盆とは
旧暦の7月15日を中心に行われる
先祖供養の儀式です。

8月13日から16日を
お盆とする地域が多く、
7月に行う地域もあります。

家族そろってお墓参りに行くのが
よいのでしょうけれど、
忙しくて行けないという年は、
盆棚(ぼんだな)を作り迎え火をたいて、
ご先祖さまを家に迎え入れましょう。

つまりお盆は、
ご先祖さまがあの世から帰ってきて、
家族と共にひとときを過ごし、
再びあの世に帰っていくという、
1年に一度の期間です。

この時に、
生前のご恩に対しての
感謝の気持ちを込めて
供養をするんですね。

盆棚を作る場所は、
庭先だったり
奥座敷(おくざしき)だったりと
地方によってさまざまです。

本来は僧侶(そうりょ)を呼んで
お経(きょう)を読んでもらいますが、
家族でご先祖さまのことを
話題にするだけでも供養になります。

盆棚にはキキョウやハギ、
ホオズキなどを飾って、
お線香をたき、
キュウリやナスで
作った馬や牛を飾ります。

馬や牛は霊が訪ねてくるときの乗り物で、
来るときは馬に乗って少しでも早く、
帰るときは牛で少しでもゆっくりという
気持ちを表します。

ホオズキは迷わないように
明るく照らすためのもの。

そして、
送り火を灯して
お帰りいただきます。

迎え火・送り火
盆の入りの夕方、
家の前で火をたき、
祖先の霊を迎えるのが迎え火。

盆明けの夕方、
火をたいてあの世へ
帰っていただくのが
送り火。

電灯でもよい。

お盆の由来とは?
このお盆(盂蘭盆会)は
盂蘭盆経(うらぼんきょう)
というお経に由来があるといわれています。

この盂蘭盆経(うらぼんきょう)では、
目連尊者(もくれんそんじゃ)という人物が
地獄に落ちた亡き母のために
できることはないのか?
というお話から、

「旧暦の7月15日(現在の8月中旬ごろ)に
修行を終えた僧侶を心から供養すれば、
母親を三途の苦しみから救えるでしょう。」

こんな言葉を
お釈迦さまから
頂いたわけなんですね。

そして、
その通りにしたことで、
母は無事往生することができた
と言われています。

そうして霊を供養する、
この「盂蘭盆会(お盆)」
が生まれたわけなんですね。

【スポンサーリンク】

夕涼みの意味は?

夕涼みとは、
その昔の夏の暮らしに
欠かせないものでした。

扇風機もクーラーも無い時代に
高温多湿(湿気が多い)日本の風土では、
いかに夏を涼しく過ごせるか、
みんなの大きな課題でした。

現代では、
暑くなると
スイッチ1つで
扇風機やクーラーで
涼をとることができます。

もし今、
災害がおこって
電力の供給が止まったら、
私たちの生活はいったい
どうなるのでしょうか?

この夏は昔の人々の
知恵や工夫を知って
自然や地球に優しい
を見つめなおしてみたいと思います。

よしずとすだれ
夏になると
日本は一気に
熱気に覆われます。

昔はクーラーも無い時代でしたから
人々はなんとか涼しく過ごそうと
一生懸命考えたと思います。

京都の町屋などでは、
襖(ふすま)や障子が
取り払われました。

夏障子(なつしょうじ)
と呼ばれる簀戸(すど)や
御簾(みす)などに付けかえました。

外にはよしずがかけられ、
座敷と庭の間には暖簾(のれん)や
すだれが掛けられました。

この
すだれ越しに感じる
庭の気配がいかにも
涼しげでいいですね。

風鈴と釣り忍を吊るす
風鈴は
まさに夏の風物詩と
いえますね。

ガラス製や
鋳物でできたもの、
その材質によって
音色も変わってきます。

風鈴とともに
掛けて涼しげなのが、
釣り忍(つりしのぶ)です。

シノブと呼ばれる
シダ植物を様々に形作った
コケに吊るして飾ります。

これは江戸時代の植木職人が
元々出入りしていた屋敷に
お中元として贈ったものが
始まりと言われています。

下に風鈴をつけたりして、
夏の風物詩として親しまれています。

打ち水で夕涼み
打ち水というのは
家のまわりの道路や
庭やベランダに水を撒いて(まいて)
空気を冷やして涼をとることです。

昔ながらの
暑さ対策として
今でも受け継がれています。

科学的な統計によると、
打ち水をすると、
周りの気温が1℃~2℃
下がると言われています。

一時期は全国的に
打ち水をしましょう
という「打ち水大作戦」
の試みもあったほどです。

私も
その様子を
何度かニュースで
見たことがあります。

暑い夏を
ぜひ乗り切るために
一度試してみてください。

この時に、
打ち水にするのは
水道水ではなくて、

お風呂の残り水や
米のとぎ汁など
一度利用されている
水を使うと

より地球に優しい
感じがして
いいですね。

暑気払いの時期は?

暑気払いとは
暑さをしのぐために
何かをすることをいいます。

夕涼みと
意味は同じ
なのだと思います。

でも最近では
暑さを乗り切るための
宴会や飲み会を表す言葉としての
ニュアンスが強いように感じます。

いわゆる
その暑気払い
時期はいつなのでしょうか?

暑気払いの時期は
梅雨~8月のはじめ
くらいまでと考えていいでしょう。

お盆の前くらいまでと
考えておいたらいいのでは
ないでしょうか?

でも暑い時期でしたら
それほど気にせず
暑気払いという言葉を
使ってもいいかもしれません。

それでは
本来の暑気払いとは
どのようなものだったのでしょうか?

暑気払いには
実際に涼しくなるものと、
「涼しさを感じさせる」もの
があります。

例えば、
うちわであおげば涼しくなります。

でも、
風鈴線香花火などは、
音を聞いたり光を見たりすることで
涼しさを感じるというもの。

繊細(せんさい)な
感性を持つ日本人だからこその
文化です。

風鈴(ふうりん)
起源は中国。

竹林に下げて
吉凶を占ったとされる。

日本へは
仏教とともに
伝来し、

魔除けの
道具とされていた。

線香花火(せんこうはなび)
こよりに
花火の火薬を
練りこんだもの。

火をつけると
花のような
優しい光を放つ。

日本の夏の
風物詩。

近ごろ、
打ち水
あちらこちらで
行われています。

時々、
打ち水をして、

自分のまわりの
小さな世界の外気温(がいきおん)
を下げている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

水が蒸発するときに
熱が奪われて気温が下がり、
対流がおこって小さな風もおきる
という楽しみもあります。

暑い日中にまくと
すぐに蒸発してかえって
蒸し暑くなるので、

朝夕の涼しい時間に
行うのがよいのだとか。

風鈴には、
鉄製の南部風鈴(なんぶふうりん)、
陶器製(とうきせい)の
瀬戸(せと)ふうりんなどがあり、

それぞれに音の響きが違いますが、
庶民の音といえば江戸風鈴。

レトロな模様が描かれた
ガラスの風鈴は
インテリアにもなります。

もう一度
宴会の暑気払い
に戻りますが、

暑気払いでの
乾杯のあいさつは
どうすればいいのでしょうか?

暑気払いの乾杯挨拶
乾杯だけのあいさつなら
基本的に短めで十分です。

上司や偉い人、
ゲスト出席して
もらっているなら

紹介の一言を加えて、
丁寧な言葉遣いがいいでしょう。

さらに
幹事の方にも
お礼をつけると
印象も変わります。

「僭越ながら
乾杯の音頭をとらせて
いただきます○○と申します。

今回の暑気払い会には
○○さんにもご参加いただいておりますので
一段と盛り上がって暑さを乗り切りたいと
思います。

本日この会を準備して頂いた○○さん
ありがとうございます。

それではご唱和
よろしくお願いします。

皆様のご健勝と
暑さを乗り切ることを
祈念いたしまして!

乾杯!」

感想

私は
暑いのが
とにかく苦手です。

でも今回調べたように
お盆を始め日本には
昔ながらの素敵な
夏の過ごし方があったのだと
改めて感じました。

先人に倣って
いろいろな工夫し
今年の暑さも
乗り切りたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + six =