お月見の由来や意味をこどもに伝える!

日本人が「お月見」を
楽しむようになったのは
江戸時代のこと。

その年の収穫を祝い、
翌年の豊作を願う
意味がありました。

十五夜には十五個の
おだんごとサトイモ、

それにススキなどの
「秋の七草」を飾ります。

そんなお月見の
由来や意味について

こどもにわかりやすく
伝えるにはどうしたら
良いのでしょうか?

今回は、
お月見について
詳しく調べ、お伝えします。

【スポンサーリンク】

お月見の由来

お月見について簡単に説明すると

・月に感謝をする。

・農作物の豊作の祈願と、
収穫の感謝をする。

・月を眺め、愛でる習慣。

これらを合わせたものが
お月見と呼ばれています。

それでは、
もう少し詳しく
説明していきますね。

月に感謝する。

農作物の収穫をするときには、
夜遅くまでかかることがあります。

電気がなかった時代に、
月明りは、

農作業の大きな助けに
なっていたのでしょう。

そのために、
月に感謝を捧げた
のだそうです。

農作物の豊作の祈願と、
収穫の感謝をする。

秋は、
さまざまな
農作物の収穫の時期です。

お米もその中の1つですが、
昔の日本人にとって、

お米の出来・不出来は、
とても大切なことでした。

ある地域では
田植えの作業が終わったら、

お祝いとしてごちそうを食べる
風習があるようです。

そのため、
お米を含めた
農作物の豊作を祈願して、

無事に収穫が終わったものに関して
感謝を捧げる、

その儀式がお月見という
風習につながっていると
いわれています。

月を眺め、月を愛でる。
古来から日本人には、
月を眺めて楽しむ
習慣がありました。

和歌などに
「月」が良く詠まれているのも
その習慣によるものかと思われます。

秋の月は1年の中で
最も美しいと言われていたようで、

それが、お月見につながっている
とも考えられています。

では、
お月見

おだんごや
すすきなどを
飾るのはなぜでしょうか?

その由来についても
調べてみたいと思います。

◇おだんご

月を信仰の対象として、
豊作の祈願と収穫の感謝をしますので、

お米を使って月に似せた
おだんごを作って、
お供えするようになった
と言われています。

また、
秋にはサトイモが収穫されますが、

十五夜のお月見には
このサトイモをお供えする
風習もあります。

最近では、
おだんごだけの
場合が多いようですが、

地域によっては、
おだんごをサトイモに
似せた形にしているところもあるようです。

◇すすきと萩

お月見では、
おだんごと一緒に、
すすきと萩を飾ります。

すすきは、
稲穂に似ていることから、
お米の豊作を願って飾られます。

地域によっては、
すすきではなく
稲穂を飾るところもあります。

萩は、
神様の箸という
意味があるようです。

神様が萩を使って
おだんごを召し上がる
ということなのでしょう。

ほかには、
すすきも萩も、

邪気を避けると
いわれているために、

おだんごと一緒に飾る
ものとして用いられるようになりました。

【スポンサーリンク】

お月見の由来をこどもに伝える!

お月見のほかに
夜空に思いを馳せる

昔ならではの行事には
七夕がありますね。

笹に七夕の飾りはしても、
十五夜の晩にご家庭ででお月見をするのは
最近ではあまり見かけないかもしれません。

それでも、
保育園や幼稚園では

「お月見会」が
開かれることがあるようです。

歌を歌ったり、
おだんごをみんなで作って
あとでいただいたりするようです。

では、
お月見会に参加する前に、
こどもから「お月見ってなに?」

って聞かれた場合、
どのように答えたら
良いのでしょうか?

おだんごとすすきは
思いつくとしても、

お月見がいったい
どんな行事なのか
聞かれてしまうと

ちょっと悩んでしまう
かもしれませんね。

お月見
「中秋の名月」の日(十五夜)
に行われます。

これは旧暦の
8月15日に当たります。

旧暦では
7月から9月が秋とされ、
真ん中の8月を「中秋」と言います。

旧暦では
月の満ち欠けを示す
月齢と日付が同じですから、

15日が満月となります。

昔から日本人にとって月は
感謝と祈りの対象になっていました。

イモ類の収穫を感謝し、
秋の収穫を祝う。

それがお月見
行事になったといわれています。

こどもに話すとき、
どのように伝えることが
できるのでしょうか?

「十五夜の満月は
一年のうちで月が
一番きれいに見えるんだよ。」

「そして秋には
おいしいものが
たくさんとれるので

そのことを
月に感謝したんだね。」

昔の人は満月を見て、
月でうさぎが餅をついているように

見えたことを話してあげても
良いかもしれませんね。

お月見には
決まったお供え
があります。

・おだんご
・イモ
・すすき

といったものを
お供えするわけですが

これらについては
こどもにどのように
伝えることができるでしょうか?

おだんごについて
おだんごが丸いのは
満月の形を表している
からなんだよ。

おだんごをお供えして、
月への感謝を表そうね。

いものお供えについて
とれたお芋さんを
お供えすることで、
月に感謝しようね。

すすきについて
お米がたくさんとれるように
お祈りします。

お月見の頃には
お米はまだとれないので、

稲穂に似たすすきを
お供えするんだよ。

月の満ち欠けについて
大体、一ヶ月をかけて
月の形は変わっていくんだよ。

真ん中の15日目が
満月になるんだよ。

お月見とおだんご

旧暦(きゅうれき)の
8月15日に行い、

サトイモを供えることから、
別名「芋名月(いもめいげつ)」
とも呼ばれます。

旧暦
明治5年以前に用いられていた
太陰太陽暦(たいいんたいようれき)のこと。
現在の新暦は
一ヶ月ほどあとになります。

旧暦の8月15日は、
現在の暦でいうと

9月から10月の間の
どこかの日にあたります。

その年によって違う日になるので、
毎年カレンダーで確かめます。

十五夜の次に
美しい日といわれる
十三夜は旧暦の9月13日で、

この日にも「お月見」をする
ご家庭があるようです。

現在の10月から11月にかけての
どこかにあたり、

栗(くり)や枝豆をお供えするので、
「栗名月」「豆名月」の別名があります。

秋の澄(す)んだ空気の中で見る月は
格別に美しく、

木々たちは葉をいっぱいに広げ、
月の光を受けて気持ちよさそう。

都会でも大きな月がビルの間から見えると、
とてもうれしくなります。

お月見をやってみよう

十五夜とは?
旧暦8月15日
現在の9月~10月中。

お供えもの
この時期に
収穫されるものを
供える。

すすきは
5本か10本。

三宝
お供えをするときに
使う道具。

ホームセンター、
仏壇やさんで
買える。

十三夜とは?
旧暦9月13日。
現在の10月~11月中。

この季節に収穫できる
枝豆・栗などを飾る。

秋の七草

(はぎ)
木の種類

(すすき)
別名「茅(かや)」。
茅葺き屋根の材料に用いる。

桔梗(ききょう)
武士に好まれ
家紋に取り入れられてきた。

女郎花(おみなえし)
お盆の供花
などに使われる。

撫子(なでしこ)
別名「やまとなでしこ」

藤袴(ふじばかま)
桜餅のような香り。
平安時代、葉や茎を
水につけて髪を洗ったそう。

(くず)
塩ゆでにして
和え物にしたり
油で炒めても。

お月見だんごの作り方
材料
上新粉 100g
さとう 150g
ぬるま湯 1/4カップ

1.ボウルに上新粉とさとうを入れて
泡だて器で混ぜる。

2.ぬるま湯を加えて混ぜて練る。

3.2の生地をせいろで30分蒸す。

4.水で手をぬらしながら丸める。
直径約2~3センチ。
少しあおぐとテリが出る。

感想

今回はお月見について
調べてみました。

お月見と言えば
秋の夜ですが、

私は、けっこう
冬の朝の「お月見」
が好きです。

冬至のあたりだと
夜明けが遅いですから、

私が出勤する
5時前は、
まだまだ夜の世界です。

冬の冷たい澄んだ空気に
浮かぶ月は
とても美しく
寒さを忘れてしまうほどです。

皆さんも今年の秋のお月見を
楽しんだあとは
冬のお月見もぜひお楽しみ下さい。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + two =