もみじとかえでの違いは?童謡の歌詞の意味もご紹介!

秋も深まってくると
つい口ずさんでしまう
歌があります。

そう!
童謡の「もみじ」
という曲です。

でも、いつも疑問に
思っていたんですよねぇ。

もみじと
かえでって
どう違うんだろう?って。

みなさんも
そのように
考えたことありませんか?

それで今回は
もみじとかえでの違い
について調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

もみじとかえでの違いは?

秋の夕日に 照る山紅葉
濃いも薄いも 数ある中に
松を彩る 楓や蔦は
山の麓の 裾模様

谷の流れに 散り浮く紅葉
波に揺られて 離れて寄って
赤や黄色の 色様々に
水の上にも 織る錦

この童謡
「もみじ」の中にも

もみじとかえで
が出てきますね。

この2つの言葉には
違いがあるのでしょうか?

もみじとかえで
植物の分類としては
同じなのだそうです。

ではなぜ、わざわざ
「もみじ」と「かえで」

という言葉に使い分けられて
いるのでしょうか?

「紅葉」という漢字は
「こうよう」または
「もみじ」とも読みますね。

「もみじ」とは
かえでの中で、

特に色が変わるものを
指して呼ぶのだそうです。

もみじとかえで。
いずれも「カエデ科カエデ属」

の植物で植物分類上では
この2つは区別されていません

かえでの中で
色が変わるもののことを
もみじと呼ぶということですので

もみじも分類上は
「かえで」ということになります。

では
この2つの言葉の由来は、
どのようなものなのでしょうか?

「もみじ」
という言葉は、

紅花などから
染料を揉み出す

「もみづ」という言葉が
語源となっているようです。

染料が染み出すように、
草木が色づいた様子を
「もみぢ」と呼ぶようになり、

かえでの中でも特に目立って
色を変えるものを「もみじ」
と言うようになりました。

かえでが紅葉➡もみじ
という図式になるわけですね。

「かえで」という言葉は
なんと蛙手(かえるで)
という言葉から来ているそうです。

葉っぱの形が
蛙の手に似ているところから
かへるで➡かえで
となったようです。

てっきり私は
天狗の団扇かと
思っていましたが…

やっぱりちょっと
小さいでしょうか?

これはカエルさんの手
だったんですね!

植物の分類上では
もみじとかえでは
区別しないとのことでしたが、

園芸や盆栽では、
もみじとかえでは

別物として
区別されているようです。

園芸では
このように
区別します。

🍁もみじ:葉の切れ込みが多く、
深いもの
(例)イロハモミジ、ヤマモミジ、
オオモミジなど

🍁かえで:切れ込みの浅いもの
(例)トウカエデ、イタヤカエデ

盆栽では
次のように
区別します。

🍁もみじ:葉の形が小さくて
切れ込みが深く、
秋の紅葉に真っ赤になるもの

🍁かえで:葉の切れ込みが浅くて大きいもの

【スポンサーリンク】

カナダの国旗は「かえで」?

そういえば
カナダの国旗って

かえでをモチーフに
していましたね。

カナダって
なんとなく

「メープルシロップ」
がたくさん採れる国
というイメージがあって

「だから国旗にも
使われているんだろうな」
と思っていました。

あながち
間違っては
いなさそうですね。

カナダの国旗に
描かれているのは
「サトウカエデ」

という種類のかえで
だそうです。

英語では、
もみじのことも、

かえでのことも両方
「メープル」と呼ぶそうです。

かえで
樹液から採ったものが
「メープルシロップ」というわけです。

日本で見るかえでと
カナダの国旗のかえで。

両方とも同じかえでだったんですね!
なんだか当たり前のことのようですが
意外と結びついていませんでした。

では、もみじとかえでを
区別するのは
日本だけですか?

英語では
もみじのことを

Japanese maple
と表します。

読んで字のごとく
「日本のかえで」
ということになりますね。

つまりは
もみじとかえでを

区別するのって
日本人だけのようです。

かえでは世界中に
存在すると思いますが

特に日本はカエデ科植物の宝庫
といわれています。

秋に色づいた景色を楽しむ習慣は
世界中にありますが、

昔から「紅葉狩り」の
習慣がある日本では、

色づいた、かえでを
特に「もみじ」と呼んで
区別するようになりました。

日本語の言葉の豊かさと
日本人ならではの

繊細な感性を
感じ取ることができますね。

歌詞の意味

続いて
童謡「もみじ」の

歌詞の意味についても
調べてみたいと思います。

秋の夕日に照る山紅葉

秋になって、
色鮮やかになり、
紅葉でいっぱいになった山。

その美しい山々は、
夕暮れの日差しを浴びて、
よりいっそう紅くなり、
鮮やかな景色になっています。

濃いも薄いも数ある中に

模様の色が
濃いものも、
薄いものも、

もみじなどの
紅葉の中に、
たくさん入り交じっていて、

彩り豊かで、
きれいで美しい。

松を彩る楓や蔦は

山の麓の方では、
楓や蔦などの紅葉が、
赤色や黄色など、

色彩豊かに染まり、
緑色の松のまわりに、
彩りを添えています。

山の麓の裾模様

そのさまが、
着物の裾模様のようで、

色とりどりで、情緒があって、
とても美しい。

谷の流れに散り浮く紅葉

綺麗な色に染まりつつ、
散ってしまった、もみじの葉が、
谷間の川の流れの中に浮いています。

波に揺られて離れて寄って

そのいくつかは波に揺られて
近づいたり離れたり

重なり合いながらも、
川の水に流されています。

赤や黄色の色様々に

落ち葉は、
赤色や黄色など

色彩がとても豊富で、
すごくカラフルです。

水の上にも織る錦

その色彩豊かなもみじなどが、
川の水の上に浮かび流れる様子は
とても美しい。

まるで、
錦模様の織物を
水面に広げているよう。

1番は、
秋の紅葉で

いっぱいの山の景色を、
見たまま、そのままを、
歌っています。

秋の夕日に照らされて、
山の緑の中の紅葉が、

一段と綺麗に色鮮やかに
映えています。

山の中のもみじの美しさが
詠まれている歌詞となっています。

2番は、
紅葉などが散って、
山の中の渓流に、

もみじが流されている、
そんな情景を歌ったものです。

重なり合って
揺れている水の上での
紅葉の美しさを詠んでいます。

歌詞の意味を考えるだけでも
美しく染まった山々の
景色が目に浮かんできますね。

さらに、
この歌詞には

対比で表している
ところがあるようです。

🍁赤色と緑色【松を彩る楓や蔦は】

紅葉の中でも、
ひときわ綺麗に色を付けて、

赤さが際立っている楓や蔦は、
緑色の松を彩って引き立てています。

🍁山全体と麓
【照る山紅葉⇔山の麓の裾模様】

これは山の麓の色彩と、
山全体を比較して情緒豊かに
表現しています。

山全体は、
秋の夕暮れの

日差しに照らされて
赤くなっている様子です。

それに対して
山の麓は楓や蔦などの紅葉や

松などの緑色で綺麗な模様を
作り上げている状態です。

山頂から、だんだんと下の方へ、
すそ野の方、麓の方へ

目線を移していくさまを
表現しているんですね。

🍁水面と木の上【水の上にも】

この歌詞は、
水面に浮かぶ、
落ち葉の「もみじ」と、

木の上で色づいている
紅葉を比較している表現です。

山の中の、
渓流の近くで、

木から、もみじが
散る様子を眺めながら、

散ってしまった、
もみじの落ち葉が

波の上で重なり合って
揺れている…そんな様子も
うかがっています。

木に生い茂る
紅葉も美しいですが、

水に流されつつ、
模様を織りなす「もみじ」は、

散って落ち葉になってしまった後でも
それはそれは美しい、
ということなんでしょうね。

歌詞をひらがなで

最後に
小さなお子様のため
外国人の方のために

ひらがな表記の歌詞を
書かせていただきます。

1番

秋の夕日に照る山紅葉
あきのゆうひにてるやまもみじ

濃いも薄いも数ある中に
こいもうすいもかずあるなかに

松を彩る楓や蔦は
まつをいろどるかえでやつたは

山の麓の裾模様
やまのふもとのすそもよう

2番

谷の流れに散り浮く紅葉
たにのながれにちりうくもみじ

波に揺られて離れて寄って
なみにゆられてはなれてよって

赤や黄色の色様々に
あかやきいろのいろさまざまに

水の上にも織る錦
みずのうえにもおるにしき

感想

今回は
私の長年の疑問だった

「もみじ」と「かえで」
の違いについて調べてみました。

そして調べていくうちに
また新たな疑問が…

歌詞の冒頭に
「秋の夕日に照る山紅葉」
というのがありましたが

この「山」は
「照る」にかかるのか
「紅葉」にかかるのか…?

という疑問です。

最初は後者だと思って
ヤマモミジという種類のもみじが

夕日に照らされている、
と考えたのですが…

意味を調べていくうちに
山が照らされているんだな、
と感じるようになりました。

でも、まだ「ヤマモミジ」説も
捨てがたいです…

この点についても
また機会がありましたら
ぜひ調べてみたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =