カボスとすだちの違いについて・栄養と効果は?

時々、知り合いの方から、
いただくことがあります。
小さなグリーンの「あれ」ですね!
焼き魚に絞って食べるとおいしいですよね。

でも「あれ」をみなさんは、
なんて呼んでいますか?
私は、その時の気分で「カボス」だったり「すだち」だったり…
何となく「大きさが違うのかなぁ」
とも思ったりしてましたが…

本当のところは、どうなのでしょうか?
この機会にカボスとすだちの違いについて
調べてみたいと思います。
そして、その栄養や効果についても
ご紹介いたします。

 

カボスとすだちの違い

カボスもすだちもゆずの一種のようです。
ですが、これらは見た目も香りにも
違いがあるそうです。

すだち

さんまや松茸といった秋の味覚に
ぴったりなのが、すだちですね!
すだちは、みかんのような生食ではなくて
香りや酸味を用いる香酸柑橘類です。
すだちの、さわやかな香りと酸味が
素材の味を引き立たせてくれます。

すだちの大きさはゴルフボールくらいで1コ40gです。
すだちは徳島の名産品で
9割以上が徳島産です。

カボス

カボスの大きさはテニスボールほどで1コ100g~150gです。
果汁にはクエン酸とビタミンCが
たっぷり含まれています。
まだ緑色のうちに収穫するカボスは上品な
酸味とさわやかな香りが自慢です。
カボスは大分県の名産品で
9割以上が大分産です。

特徴
香酸柑橘類の中でもカボスは酸味が
あまり強くありません。
そのために食材の味を
損なうこともありません。
またミネラル由来の塩味・苦味・甘味が高いので素材を活かす料理に
使うことができます。
カボスを使うことによって減塩をすることができます。

使い方
カボスには独特の豊かな風味があります。
決して素材の持ち味を壊さずに料理を
引き立ててくれる名脇役です。
シンプルに絞ったり皮を器にしてスウィーツを作ったりスライスして料理に
添えたりできます。

いろいろなシーンでカボスを
使うことができそうですね。
そして、
いろんな種類の料理と合いそうです。
普段の料理にひと手間かけてカボスを
使うことによって料理のレパートリーも
広がりそうです。

カボスポン酢
ボールにカボスの果汁10:醤油10:酒1:
煮切りみりん1の割合で混ぜます。
それに昆布を入れて2,3日漬けます。
ポン酢は鍋物に最適ですね。

味噌汁
味噌汁椀に入れた味噌汁に
カボスを一絞りします。

刺身
さわやかな香りが生魚の
臭みを消す効果があります。
カボスのおかげで醤油を減らすことが
できますので減塩になります。

天ぷら
揚げ物は胃がもたれてしまう
という方もカボスを一絞りすることによってさっぱりといただけます。

焼酎
レモンと同じように焼酎に果汁を混ぜたり
スライスを入れて飲むことができます。

【スポンサーリンク】

カボスとすだちの栄養

カボスとすだちには、どのような栄養が
あるのでしょうか?

すだち

皮の部分にも果汁そのものにも、すだちにはカリウムやビタミンCが、
たっぷり入っています。
特に皮に多く含まれているようです。

さらに皮の部分にはビタミンAや
ビタミンE、カルシウム、
食物繊維も含まれています。
果汁にはクエン酸が多く含まれています。

そして、すだちにはなんとポリフェノールも含まれているそうです。
ポリフェノールには、
このような種類があります。

☆スダチチン
すだち特有の成分で他の柑橘類には
あまりありません。
スダチチンは捨てられてしまうことが多い
皮に含まれていて
内臓脂肪が増えるのを防ぐ働きがあります。
発がん抑制作用や抗酸化作用・
脂質代謝改善・アルツハイマーに対する
作用などの効果があるようです。
さらにスダチチンには糖尿病を改善したり
抗炎症作用などの効果もあります。

☆エリオシトリン
レモンに多く入っているポリフェノール
ですが、すだちにも含まれているそうです。
脂肪の吸収を抑える働きがあります。

☆ヘスペリジン
働きがビタミンと似ているため
ビタミン様物質と呼ばれているようです。
血流を良くしてくれたりビタミンCの吸収を助ける働きがあります。

☆ナリルチン
皮の部分に多く含まれています。
抗アレルギーに良いとされています。

すだちの栄養→☆カリウム☆ビタミンC☆ビタミンA☆ビタミンE☆カルシウム
☆食物繊維☆ポリフェノール

カボス

カボスにはクエン酸が多く含まれています。
クエン酸にはエネルギーを生成する
働きがあります。

カボスに入っているクエン酸はレモンの2倍もあります。
柑橘類の中でもトップの含有量のようです。

さらにカボスにはビタミンCも、
たくさん含まれています。
ビタミンCはシミやしわを防いで
美白もしてくれます。
美肌にとても効果のある栄養素なんですね。

そしてビタミンCはコラーゲンの生成を
助けてくれます。
それによって肌に弾力を与えメラニンの生成を抑える効果もあります。
またビタミンCは風邪の予防や免疫力アップにも役立つ働きをします。

カボスは食べるだけでなく
香りも効能があります。
香りの主な成分はリモネンですが、ほかにはテルペンやピネンと呼ばれる
成分が入っています。
あまり強くない香りによって神経の興奮を
抑えてイライラを鎮めてストレスを
軽減してくれます。

カボスの栄養→☆ビタミンC☆葉酸
☆パンテントン酸☆クエン酸
【スポンサーリンク】

カボスとすだちの効果

すだち

カリウム→むくみ予防
ビタミンC→免疫力を高める
ビタミンA・E→抗酸化作用
クエン酸→疲労回復・新陳代謝を促進・
食欲増進・ミネラルを吸収しやすくする・
肩こり・腰痛・老化防止・肥満予防・
生活習慣病予防

クエン酸が豊富に含まれていることによって
すだちはさわやかな酸味を特徴とすることができます。
すだちにはレモンの1.5倍、みかんの4倍ものクエン酸が含まれています。
クエン酸は疲労回復に効果がありますので
運動後や疲れが取れない時に
積極的に摂りたいと思います。

さらに肩こり・腰痛の予防に
も効果があります。
またクエン酸には老化防止・肥満予防や
生活習慣病の予防にも効果があります。
すだちで、かなりのクエン酸が
摂れそうですね!

すだちにはビタミン・ミネラル・
クエン酸が多く含まれているので
肌や粘膜の健康を保ち老化を防ぎます

スダチチン→肥満予防
エリオシトリン→抗酸化作用
ヘスペリジン→冷え性予防

すだちの効果→むくみ予防・
免疫力アップ・抗酸化作用・疲労回復・
食欲増進・肩こり・
腰痛・老化防止・肥満予防・
生活習慣病予防・冷え性予防

カボス

クエン酸→疲労回復、血液サラサラ効果
ビタミンC→美白・美肌効果、
免疫力アップ、細胞の酸化抑制効果、
老化防止、
動脈硬化の予防、コラーゲンを合成
リモネン・テルペン・ピネン
アロマテラピー効果、鎮静効果、
リラックス効果、
血行促進、冷え性改善、食欲増進
カリウム→むくみ予防、高血圧予防、
利尿作用

料理にカボスをプラスすることによって
酸味が塩分の摂り過ぎを防いでくれ
減塩効果もあります

カボスは江戸時代には万病に
効果があるとされていて医薬品として
扱われていたようです。
カボスにはビタミンCがたくさん
含まれているため
美肌に効果があり動脈硬化の
予防にもなります。

一緒にビタミンEを摂取することによって
抗酸化作用を強めてくれます。
さらに動脈硬化の予防・コレステロール値の改善・心臓病、脳卒中の予防に役立ちます。
えびやぶりといった食材にはビタミンEが
多く含まれていますので
これらとカボスを一緒に食べるのが
よさそうですね!

カボスに含まれているビタミンCや葉酸は
鉄分と合わせて摂取することによって
貧血を予防する効果があります。
ほうれん草には鉄分が多く
含まれていますので一緒に食べると
効果が高まりそうです。

クエン酸にはミネラルの吸収を高める効果があります。
小魚や乳製品などといったカルシウムが
たくさん入っているものと一緒に
食べることができます。
そうすることによって骨や歯を強くすることができ、イライラも防ぐことができます。

カボスの効果→疲労回復・美肌・
老化防止・風邪予防・感染症予防

感想

今回は、すだちとカボスの違いについて
調べてみました。
今まで何となく呼び分けていましたが違いはよくわかっていませんでした。
ぜひ2つを並べて見た目や香りの違いを
確かめてみたいと思います。

私は、お水にレモン汁を入れて飲むのが
好きなのですが
すだちやカボスのほうが栄養効果が
高いようですので、
これからはぜひ、すだち水やカボス水を
試してみたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =