熱中症予防と対策のための食べ物とは?タブレットは効果ある?

熱中症になると
様々な体の不調が現れるので、
特に夏の暑い日には熱中症対策をして
体調を整えておかなければなりません。

熱中症予防と対策のためには
どのような食べ物が良いのでしょうか?

その点でタブレットは
果たして効果があるのでしょうか?

今回は、そんな
熱中症対策について調べ
お伝えします。

【スポンサーリンク】

熱中症対策の食べ物

夏場はどうしても食が細くなって、
そうめんのような食べやすいものばかり
食べてしまいがちですね。

そうめんを食べるのもありですが、
そうめんは炭水化物ですので、
それをエネルギーに変えてくれる
ビタミンB1を取り入れないと
体は疲れてしまうばかりになります。

ビタミンB1は
豚肉や豆腐・味噌などの大豆製品、
モロヘイヤや玄米などにも
多く含まれていますので

ぜひ、そうめんと一緒に
セットで食べるようにしたいものです。

さらに免疫力を高めたり、
ストレスへの抗体を作る
ビタミンCも夏場は特に
積極的に摂りたいと思います。

ビタミンC
赤ピーマンなど
カラフルな夏野菜に
多く含まれています。

ビタミンCは熱に弱いので、
栄養面を考慮するなら
生で食べたほうがよいでしょう。

さらにシミやそばかすの原因である
紫外線は女性にとっては
夏最大の敵ともいえますね。

そんなシミやそばかすにも
ビタミンCは効果的です。
できるだけ意識して食べたいと思います。

疲れの原因になるのは乳酸ですが、
その乳酸の発生を抑えてくれる
クエン酸を摂るもの有効です。

クエン酸は梅干しや酢、
レモン、グレープフルーツ
などに含まれています。

でもビタミンB1、ビタミンC、
クエン酸だけを摂取すれば良い
というわけではありません。

これらを意識しながら、
他の栄養素もバランス良く
摂っていくことが熱中症対策の
ために大切です。

塩分の摂り方
熱中症にならないために
水分と塩分を適度に摂取することが
大切だといわれています。

では夏場の料理の味付けは
塩をいつもより多めに入れたら
いいのでしょうか?

汗をたくさんかいた日は
少し意識してもよいかとは思います。

ですが一日中涼しい部屋で過ごしたり、
あまり汗をかかないような場合は
塩分を意識しすぎると過剰摂取になり
高血圧の原因になってしまいます。

過ごしている環境や
本人の体調を考えて
適度に摂っていきたいですね。

運動時
激しい運動や長時間のウォーキング、
また外で体力を消耗する
仕事をした時などは、
たくさん汗をかいたな、と感じますね。

そんな時は、
体から塩分が出ていき、
ミネラルバランスが崩れている
状態になっています。

そのまま運動や作業を続けてしまうと、
熱中症になる可能性が高くなりますので、

なるべくこまめに吸収率の高い
スポーツドリンクや
塩飴で適度な塩分と水分を
補給するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

熱中症対策にタブレットは効果的?

熱中症対策のためには
水分補給が大切ですが、
塩分の補給も忘れてはいけません。

最近では
美味しく手軽に塩分を補給できる
タブレットが人気を集めています。

熱中症対策に効果的な
タブレットはあるのでしょうか?

人間は汗をかくと、
水分と同時に塩分や
ミネラルも奪われてしまいます。

そんな時に、
水分だけを補給してしまうと、
体内の電解質バランスが崩れて
倦怠感や頭痛、意識障害などの
様々な症状が出てきます。

水分補給の際は、
塩分やミネラル、
糖質、クエン酸なども
適度に補給する必要があります。

これらをバランスよく含む
スポーツドリンクは最適の飲み物ですが、

あまり汗をかいていない時や甘いのが
苦手という方には、
水や麦茶などで水分を補給することを
お勧めします。

そしてさらにお勧めなのが
塩入りのお菓子やタブレットです。

塩飴」をはじめ、
チョコレートや、タブレット
アイスキャラメルなど
いろいろありますね。

数年前に始まった
塩ブームが現在でも続いているようです。

お菓子メーカーが
熱中症対策として発売している
お菓子やタブレットもどんどん
増えています。

熱中症になりやすいと言われる
小さなお子さんや高齢者の方、
高温の場所で仕事をされる方でも、
簡単に塩分や糖分を
補給することができます。

おすすめのお菓子やタブレットは?
おいしくて熱中症対策にも
おすすめのお菓子やタブレットには
どのようなものがあるのでしょうか?

塩タブレット
汗をかいたときに失われる
塩分を素早く補給できます。

クエン酸も含まれていて、
疲労回復の効果も期待できます。

カリカリっと噛むと
スーッとお口の中で溶けるので
あまり食欲がない時でも食べやすいです。

お値段も200円前後で
お手頃ですね。

塩キャラメル
フランスの塩を使用し、
大人から子供まで人気の味です。

ナトリウムのほか、
カルシウムマグネシウムなど
ミネラルも含まれています。

熱中症予防に
効果が期待できそうですね。

「男梅」のタブレット
クエン酸を多く含む梅干しが
ふんだんに使われています。

塩分補給、疲労回復にも
効果が期待できます。

梅の香りと
梅の濃厚な味が
楽しめるタブレットです。

熱中症予防の方法とは?

ここまで熱中症対策のために
良い食べ物やタブレットについて
ご紹介してきました。

ほかに熱中症予防のために、
どんなことをしたらいいのか、
もう少し詳しく調べてみたいと思います。

ひとことに熱中症予防と言っても
実にその方法は様々あるようですね。

体調を整えるという意味でも
十分な睡眠や食べ物、ストレス
といった生活習慣は大切ですね。

そして、
熱中症対策グッズを
使って予防する、
という方法もあります。

日々の生活の中で気をつけておきたい
ポイントもたくさんあります。

特に日常生活では
・水分補給
・大きな体温の上昇を避ける

このことが大切になってきます。

これは、
外でも室内でも
同じことが言えます。

熱中症にかかる原因を考慮すると
この2点は特に大切なポイントと言えます。

私たち人間は
普段、汗をかいて
体温調節をしています。

汗をかくことで
皮膚の表面で汗が蒸発して
気化熱を奪います。

そのようにして
体の熱を調整しています。

ですから、汗をかくことができない
そのような状態になっている時は、
体にどんどん熱が溜まっていってる
ということになります。

時々、
暑い所にいるのに
汗をかいていない
こんな状態になること
ありませんか?

これは、汗をかきすぎて
体にその水分が残されていないという
証拠なのだそうです。

この状態のままずっと炎天下にいると
体に熱がこもって熱中症に
かかってしまうというわけです。

ですから、水分補給をしっかり行い、
汗をかける状態にいておいて
あげないといけないわけですね。

この水分補給は、
「大きな体温の上昇を避ける」
という意味でも重要な予防方法です。

汗をかいたら、その汗と共に
たくさんの塩分も
奪われます。

たくさん汗をかいた時の
水分補給にはスポーツドリンク
が適していると言われます。

それは失われた塩分も
一緒に補給することができる
とても効率の良い飲み物だからです。

ところで、
熱中症にかかってしまう時って
どんな状況のときでしょうか?

・炎天下での仕事
・締め切った体育館での運動
・急に暑くなった日

などがあげられますが、
いずれも「暑い」というのが
共通のキーワードになっています。

暑い=熱中症になりやすい

ということですね。

これは当たり前のように感じますが
意外とこの当たり前のことを
きちんと避けるというのが難しいんです。

炎天下の仕事では、
思うときに休憩が
取れないかもしれません。

炎天下の野外ライブで
知らず知らずのうちに
熱中症にかかってしまう
ということもあります。

締め切った体育館では
湿度が上がって、知らず知らずのうちに
脱水症状を起こしてしまう
ということもあります。

なるべく暑い環境を避けて、
少しでも体調が優れないなと
感じたら日陰に入って涼み、
水分補給をするのを心がけたいですね!

感想

今回は熱中症予防について
調べものをしてみました。

私はとにかく
暑いのが苦手です。

涼しく過ごすために
いろいろな工夫をしています。

そのおかげか
今まであまり
熱中症になってしまったことは
ないように思います。

夏場だけではなく
冬場もけっこう
スポーツドリンクを飲んでいます。

でも塩分や糖分が・・・
という方もいるので
その辺は気をつけながら

今年の夏も
水分補給を
心がけて暑さを
乗り切りたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 8 =