整理術!居心地のいい部屋の作り方クローゼットの整理収納はどうすればいい?

大好きなモノだけに囲まれ、
すっきりと片づいた風通しのいい部屋は、
家を癒しの空間にしてくれますね!

今回は整理術について
調べてみたいと思います。

今日からは、
屋外にパワースポットを求めず、
家の中をヒーリングスポットに
変えてみたいと思います!!

【スポンサーリンク】

整理術!居心地のいい部屋の作り方

快適な暮らしを手に入れるためには、
整理収納の組み立てが大切なのだそうです。

ところで「組み立て」とは、
どのような意味でしょうか?

それには「整理」「収納」「片付け」
の役割があります。

整理とは、
必要なモノ、
不要なモノを分類し、
不要なモノを処分すること。

収納は、
必要なモノを必要なときにスムーズに
取り出せるように収めること。

片づけは、
使い終わったモノを定位置に戻すことです。

また、
モノがあふれている部屋の特徴としては
収納方法に問題があるようです。

自然と置いてしまう場所や
普段通る動線を意識していない収納は、
容量オーバーの傾向があるのだとか。

モノに支配されてしまうのは、
無理のある収納で悪循環を
生んでいる場合も。

家族はもちろん、
来客も寛げる心地のいい暮らし術
整理術について考えてみたいと思います。

クローゼットの整理収納

家の中は、
気がつくと家族よりも幅を利かせた
モノたちでいっぱいになってしまいますね…

日々の生活の中で、
いかにミニマルに暮らすことができるかは
大きな課題です。

その成功法は、
「毎日」「週末」「シーズンごと」
の3段階方式にありました。

期間を決めるだけで、
無理なく快適な部屋に
シフトチェンジすることができます。

それでは、ついついあふれてしまう
大好きな洋服たちについて
考えてみたいと思います。

クローゼットの整理収納は、
いったいどうすればよいのでしょうか?

毎日
カゴを利用する

ベッドルームにクローゼットがある家で
よくありがちなのが、
洗濯した衣類をベッドに置きっぱなし
という現象。

洗い立てなので汚くはないのですが、
見た目には美しくありません。

一時的に保管できるカゴなどを用意し、
そこにまとめておくひと手間を
惜しまないようにしたいですね!

私もいくつかのカゴを用意して
お洗濯した衣類を、
そこにまとめておくようにしています!

週末
空間を作る

1週間着まわした服が、
週末になると
クローゼット以外の場所に散らばっている、
なんてことはないでしょうか?

その原因の1つは、
クローゼットにあきスペースが
ないからなのだそうです。

靴棚と同様にいつも空間を作り、
ハンガーにかけられる分しか服を持たない
という気持ちで。

私もかけるハンガーが
なくなってしまったときには
「なにか処分できる洋服はないかなぁ」と
考えるようにしています!

シーズンごと
奥と手前をチェンジ

季節の衣替えで頭を
悩ませてしまいますよね?

そんなときは、
間仕切りできるボックスを活用すると
良いのだとか。

手前と奥を仕切れるボックスを
2つ用意すればラクラクです。

秋冬用と春夏用を
分けて入れたボックスごと
入れ替えるだけなので、
わずか数分で衣替えが完了します!

この方法は魅力的ですね!

私は、いつも衣替えに時間を
奪われていましたから、
さっそく、
この方法を試してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

リビングの整理収納

ここまでで、
クローゼットの整理術について
考えてみました。

せっかくの機会ですから、
家の中のほかの場所についても考えて
さらに居心地のいい部屋を
作りたいと思います。

ではリビングの整理術とは
どのようなものでしょうか?

リビングは、ついつい
行き場のないモノたちの宝庫に
なってしまいますね(”^ω^)・・・

その子たちの定位置を
きちんと明確にしてあげることが
整理の秘訣のようです!

毎日
コート類を部屋に連れて行かない

帰宅後、
コート類はどの部屋で脱ぎますか?

「リビングに直行し、ソファにかける」
という方が意外にも多いようです。

しかしこれがリビングにモノを停滞させる
要因になってしまいます。

玄関で着脱すると決め、
かけるツールを活用しましょう。

玄関に定位置を作るのが大切です。

週末
紙類の処分日に

週末は、
テーブルに重ねてあるDMや
カバンの中身、
財布の中のレシートなど、
紙類の整理日に振り分けることができます。

無料だからとつい作った
ポイントカードなども、
1週間使わない場合は必要ないと
判断しましょう。

財布の中に入れっぱなしにせず、
1週間を目途に処分してしまいましょう。

週末
定位置に戻す

家族がくつろぐリビングは、
見渡してみると家族全員の
モノがあふれてしまいがちです。

お子さんがいる家であれば、
片づけの習慣を作るためにも
「付箋作戦」がおすすめです。

付箋にモノの定位置を明記して、
ゲーム感覚でモノを片づけさせる
工夫を凝らすことができます。

きっと親子で片づけが
好きになることでしょう。

玄関の整理収納

風通しのいい玄関作りは、
靴の量を減らすのが条件なのだそうです。

毎日
たたきをふく

玄関に出しっぱなしの靴は、
1人1足までが鉄則です。

それ以上になると
すぐに靴だらけの玄関になるので
要注意です。

靴が少ない状態だと、
たたきをふくのもスムーズです。

朝イチや外出先から帰宅したときに
ウエスなどでたたきをふくのを
日課にすれば、
ピカピカの玄関にできますね。

週末
8割収納をキープ

玄関に靴があふれてしまう要因の1つに、
すでに靴棚がいっぱいということが
挙げられます。

いつでも靴を定位置に戻せるように、
靴棚は8割収納を目指しましょう。

新しく靴を買ったら別の靴は処分するか、
納戸などに移動のタイミングと
心得ましょう。

以前に「モノを多く持たない」
ということについてのお話しを聞いたときに
「私たちの足は2本しかありませんよね?
どんなにたくさんの靴を持っていたとしても
1度に1足の靴しか
履くことができません。」
と言われたことがあります。

そのことが、とても印象に残って
それ以来、新しい靴を買ったら
その分1足処分するというのを
習慣にしています!

もっともボロボロになるまで履いて
どうしても新しい靴が必要になって
買うことが多いので
処分するのは必然になるのですが、
それも一つの作戦にできると思います。

シーズンごと
エコバック活用術

我が家もそうですが、
靴棚がそもそも狭いというケースも
けっこう多いのではないでしょうか?

その場合は、
冠婚葬祭用やシーズンオフの靴は、
納戸やクローゼットに収納場所を確保して、
季節ごとに入れ替えましょう。

靴用の箱に入れるのが定番ですが、
布のエコバックなどに包んで収納すれば、
かさばりません。

私は、これまで
靴を買ったときに必ず箱をもらってきて
それを保管用に使用していたのですが、
エコバックを活用するのも
良い方法ですね!

水まわりの整理収納

水まわりは、
小物の収納場所を確保し、
洗いやすい場所作りが
ポイントです。

毎日
洗面ボウルは手で洗う

ハンドソープで手を洗うついでに、
泡のついた手で洗面ボウルを
クルクルとこするだけです。

黒ずみが目立ちやすい洗面ボウルも、
いつも軽く洗うだけで汚れがたまりません。

直接、
手で洗うのは抵抗がある…という方は、
カットしたメラミンスポンジを置いておくと重宝します。

週末
使用頻度で場所を決める

化粧品の棚は、
アイテムの使用頻度で
置く場所を確保するのがベスト。

特に自分の利き手側
(右利きなら右側)に
よく使うスキンケアラインなどを置くと、
動きがスムーズになります。

利き手の反対側には、
使用頻度の低いネイル類などの
定位置を確保することができます。

シーズンごと
たまりがちなモノを処分する

試供品や買ったまま使っていない
化粧品など、
ストック類も合わせてすべて一度、
棚から出してみましょう。

”見える化”することで重複して買いがちな
傾向を見直すことができます。

数か月前に買ったパックなどは、
贅沢に日常使いして幸せな
サヨナラをできますね。

感想

もともと私は捨てるのが好きで
モノがたくさんあると
息苦しくなってしまう
タイプだったのですが…

最近、忙しいのにかまけて
整理整頓をサボっていたら
どんどんモノが増えてしまい
なんだかごちゃごちゃした部屋に
なってしまっています。

この辺で、ちょっと反省をして
快適な部屋を作って
HAPPYな気分になりたいと思います。

まずは不要なモノを処分するところから
始めないといけませんね。

それだけでも、
ずいぶんスッキリした印象を作れるので
ぜひ頑張りたいと思います!!

皆様の日々の生活にも
お役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 14 =