ヘアケアで印象をリフレッシュ!髪美人は、夜ケア美人

朝のスタイリング時に寝ぐせに気づいて、
直そうとしてもうまくいかない……

そんなヘアスタイルに関する悩みの原因が、
前夜のお手入れにあるらしいのです。

夜ケアの時、
簡単なポイントに気をつけるだけで
髪のクオリティがグンとアップします。

翌朝のスタイリングがスムーズになり、
1日美髪が続くお手入れ法は
あるのでしょうか?

今回は、
このような点について調べて
ご紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

「質のいい髪」へと導く夜習慣

料理と一緒で、
髪も仕込みが大切なのだとか。

夜ケアもスタイリングの一部
考えましょう。

一度髪についたクセはなかなか
取れないので、
しっかりと濡らしてブローするのが
大切です。

でも忙しい朝に
しっかり濡らして
しっかりブローして…

なんて、そんな時間ないですよね。
そんな手間を省くためにも、
前夜のブローできちんと乾かすことが
肝心です。

一見面倒くさい感じがしますが、
夜も丁寧なヘアケアは
スタイリングの一環としてとらえるのが
よさそうです。

おしゃれは前夜から始まっていて
髪がキレイに、しかも扱いやすくなる秘訣は
夜のケアにあるんですね。

この夜ケアが
ツヤとうるおいに満ちた髪を
育てるポイントのようです。

ぜひ、このポイントを学んで
実践していきたいと思います。

自然乾燥

自然乾燥は髪を傷めるもとになります。
ドライヤーできちんと乾燥させましょう。

自然乾燥のほうが髪によさそうに
思えますが、
実は逆なのだそうです。

髪は濡れた状態だとキューティクルが
開いているため、
ダメージを受けやすくなります。

きちんと乾かして眠れば
寝ぐせがつきにくく、
朝のスタイリングも楽になります。

髪に近すぎるとダメージが大!
ほどよい距離で頭皮から乾かしましょう。

ドライヤーのかけ方のポイント
1.髪から20cmほど離し、
熱ダメージを最小限に。
2.乾きにくい頭皮に風を当てる。
3.乾いたら冷風モードにし、頭頂部から風を当ててキューティクルを引き締め、
ツヤのある美髪に整います。

ブラッシング

ヘアケアの盲点、
ブラッシングは頭皮の汚れを浮かせる
大事なケア
です。

大切なのは、
髪だけでなく頭皮の汗や皮脂などの汚れを
落とすことです。

そのために欠かせないのが、
シャンプー前のブラッシングなのだとか。

柔らかい毛のブラシで頭皮を
マッサージするようにとかすと、
汚れが浮いてシャンプーの
効果がアップします。

シャンプー

シャンプーは「頭皮のマッサージ」
と考えて。
頭皮を洗えば、自然と髪もキレイに
なります。

頭皮の毛穴の数は頬のおよそ3倍と
大量なのだそうです。
分泌される皮脂が多いので、
シャンプーは髪よりも頭皮を洗う
イメージでしましょう。

指の腹で頭皮をやさしく
マッサージするように洗えば、
毛穴詰まりが解消されて、
細毛やうねりが生じにくい髪になります。

正しいシャンプー法は健康な髪に
整えます

シャンプーには、頭皮や髪を清潔にするだけでなく、ケアとしての側面もあります。
毛穴に詰まった汚れをしっかり
落とすことで、
健康な髪に導く土台が整います。
正しくシャンプーをすれば、
トリートメント効果も
発揮しやすくなります

トリートメント

トリートメント剤はムラづけOKです。
悩みの多い部分には重ねづけをしましょう。

「トリートメントは髪全体に
まんべんなくつけるもの」
と、つい思ってしまいがちですよね。

ロングヘアなら毛先に重ねづけをしたり、
浮き毛が気になるなら頭頂部に
多めにつけたりと、
悩みや状態に合わせて使用することで、
髪がより健やかになります。

タオルドライ

つや不足は、
タオルが原因かも!
”ポンポンドライ”で髪をいたわりましょう。

髪はこする刺激にとても弱いです。

シャンプー後、
早く水分を取ろうとしてごしごしふくと、
傷む原因になってしまいます。

タオルで髪をはさみ、
ポンポンたたいて水分をタオルに移すようにしましょう。

ショートヘアの方もタオルで
軽くたたくようにすると、
髪の負担が軽減します。

顔と同じように頭皮も保湿。
うるおい髪が育つ環境作りを

40歳前後から増えてくるのが、
抜け毛や薄毛、細毛の悩みですね。
顔と同じように頭皮も保湿アイテムでケアしましょう。
乾燥知らずのしっとり頭皮で、
うるおいに満ちた、
元気な髪が育つ
環境作りをしてあげましょう。
目指せ髪美人!

【スポンサーリンク】

夜ケアで、朝のヘアアレンジが簡単に

しっかり保湿して乾かす、
正しいケアをしている髪は
驚くほど素直で扱いやすくなっています。

小顔効果を期待できるアレンジ

顔の周りの髪を立ち上げることによって、
小顔に見せることができます。

①太めのアイロンで毛先を内巻きにします。
あまり巻き過ぎず軽く一回だけ巻きます。

⓶顔周りの髪を外巻きにします。
髪が立ち上がり華やかな印象に。

③スタイリング剤をもみ込んだ手で顔周りの髪を立ち上げて、
毛先はラフに散らしていきます。

どうしてもの寝ぐせは
「つけ根を濡らす」で解決

前夜の乾かし方がいまいちで
ついてしまった寝ぐせを直すなら、
根もとを濡らしてブローするのが
手っ取り早い方法です。
ドライヤー前にも、寝ぐせ直しにも使えてサラツヤ髪になる
ヘアウォーターが1本あると便利ですね。

揺れる毛先がフェミニンな、
おしゃれハーフアップ

ちょっと毛先を巻くと華やかになります。

①右こめかみ横の髪を細く2束取って、
タイトにロープ状にねじります。
左も同様にして後ろでクロスします。

⓶毛束をピンで留めます。
頭頂部の髪を少しつまんで出し、
ふんわりさせてボリューム感を出します。

③細いアイロンで毛先を巻きます。
内巻きと外巻きの両方の巻き方をすると
おしゃれになります。

美容液inミルクで、
まとまりのいい美髪に

毛先をランダムに散らすスタイルが
お好みでしたら、
夜のタオルドライ後にしっかりと
保湿をしましょう。
パサつかず美しいアレンジに
仕上がります。
ダメージをケアしまとまりやすい髪に
整える美容液入りヘアミルクが
おすすめです!

凝って見えるのに実は手抜き!
”くるりんぱ”で華やかアップ

緩やかなアップはトレンド感があって、
ちょっと難しそうに見えますよね。
実は”くるりんぱ”と三つ編みで
あっという間にできる簡単アレンジです。

①耳上の髪を細く取り三つ編みにします。
左右ともゴムで留めます。
残りの髪をハーフアップにして
ゴムで結びます。
結び目を左右に開いて、
できた穴に毛先を通します。
毛量によって2回に分けます。

②三つ編み以外の結んだ髪と残りの髪を、
ゴムで結びます。
結んだ毛先をゴムに巻きつけて、
お団子状にしてピンで留めます。
そのお団子に、
左右の三つ編みをかぶせるようにしてピンで留めます。

③後れ毛がある場合は
アイロンで軽く巻くと、
ニュアンスが生まれて
よりおしゃれな印象になります。
三つ編みの毛先は、お団子状にした髪に
入れ込むようにしてピンで留めます。

今どき感があるのは、「きっちり」より「ゆるやか」「ルーズ」なまとめ髪
ファッションがカジュアルになるにつれ、
ヘアもゆるやかで抜け感のあるスタイルが人気になってきました。
ぴたっと留めたスタイルより、ザクザクとまとめたアップのほうが楽で、
今どきな印象になります。

感想

今回は髪のためには
夜のケアが大切なこと
について調べてみました。

私はこの3年くらい髪を伸ばしていますので
背中が隠れるくらいまでの
長さになっています。

おかげで髪を洗ったあとの乾かす時間が長くなってしまって…
最近では髪によくないとわかっていながら
濡れたまま眠ってしまったりしていました。

そのせいで、
すっかりパサパサ髪になってしまいました。
これを機会に今までのズボラを反省して
夜しっかりとケアをして健やかな髪に
なれるように頑張りたいと思います。

そしてワンパターンになりがちな
ヘアアレンジにも
チャレンジしたいと思います。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × five =