得手勝手の読み方について・類語、例文は?

今回は、四字熟語の1つである「得手勝手」の読み方について調べてお伝えしたいと
思います。
「得手勝手」という四字熟語。
あまり聞かないような気がしますが・・・

どのような読み方をするのでしょうか?
類語には、
どのようなものがあるのでしょうか?
どのような例文があるのでしょうか?

得手勝手の読み方

「得手勝手」の読み方は
『えてかって』です。
「得手」を「とくて」と読むのは誤りです。

得手勝手の意味

他人のことは考えずに
自分に都合のよいように行動することや、
そのさま。
他人に構わず自分の都合ばかりを考えて、
好き勝手にわがまま放題にするさま。
他人のことを考えずに自分勝手にすること。
自分自身または自分の欲求だけに
限定された、またはこれらのみを気に掛けるさま。

他人に構わず自分の都合ばかりを考えて、
わがまま放題にするさま。
わがままなこと。
他人の気持ちや立場を尊重しないで自分だけに都合のいいように行動すること。

得手勝手の由来

「得手」とは自分の得意なことや勝手気ままなことの意味です。
「勝手」は他人のことはかまわないで自分の都合のよいように振る舞うことを
意味します。

得手勝手の英語

selfish
egoistical
egocentric
egoistic
self-centered
self-centered
self-willed
one’s own way

☆It is selfish of you to say such things.
(そんなことを言うのは得手勝手
というものだ)

☆You only consult your convenience.
(得手勝手なことばかりする)

☆I cannot stand his totally selfish attitude.
(彼の全く得手勝手な態度には
ガマンできない)

☆That’s your selfishness.
(それがお前の得手勝手だ)

☆He will have everything his own way.
(彼は得手勝手ばかり言う)

☆You will have everything your own way.
(お前は得手勝手ばかり言って困る)

☆the state of behaving in a selfish manner.
(自分の思うがまま得手勝手に振る舞うさま)

【スポンサーリンク】

得手勝手の例文

得手勝手が過ぎる

得手勝手な注文

得手勝手な振る舞い

得手勝手をいう

得手勝手な生き方

得手勝手なやり方は通用しない

☆集団旅行の最中は得手勝手な行動は慎んだほうが良い

☆彼女の得手勝手な振る舞いにはもはや
ガマンできない

☆根拠が曖昧な中、得手勝手な電力料金の
値上げは許されない

☆彼の全く得手勝手な態度には
ガマンできない

☆会社をやめるなんて、そんなことを
言うのは得手勝手というものだ

☆上司を食事に行ったが得手勝手に全部注文してしまい嫌いなものも食べる羽目になってしまった

☆近隣の家から夜遅く大きな音で音楽を
かけている得手勝手な行動に
町内からも批判の声があがっている

☆私の意見も聞かないで母は得手勝手な判断から結婚相手を決めてしまった

☆人間は元々、得手勝手な生き物だ

☆人の娘に「お父はん」と呼ばれるのが、
それがいややと申すのでござりましたら、
それは私の得手勝手でござります。
【宇野千代・おはん】

☆…とんでもない、それこそあなたがたの
得手勝手な想像の、
無知のやみに包まれた産物(まぼろし)
なのだ。
【アントン・チェーホフ・桜の園】

☆今さら、よりをもどせともいうまいし、
いうたとて、このばばが、
そのような得手勝手
【吉川英治・宮本武蔵:04 火の巻】

☆鼻子はこれで寒月に関する大抵の質問を
卒(お)えたものと見えて、
「これははなはだ失礼を致しました。どうか私の参った事は寒月さんへは内々に
願います」と得手勝手な要求をする。
【夏目漱石・吾輩は猫である】

☆また家康のほうからいわせれば、
恃(たの)む味方としては、ずいぶん気骨の折れる相手だが、時によってのわがままも、得手勝手も、皮を剥いた信長の真底には、
利害一てんばりのみでない、真実と呼び得るもの。
【吉川英治・新書太閤記:07 第七分冊】

【スポンサーリンク】

得手勝手の類語

独断専行(どくだんせんこう)
「新任の上司は、その独断専行型の手法で
強引に次々と契約を成立させていった」
独断(自分一人の考えで勝手に決めること)で勝手にことを行うさま。

傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

勝手気儘(かってきまま)
「勝手気儘に生きたいけれど、それが現実的に不可能であることを知っています」
他人のことを考えずに自分の思ったままに
振る舞うさま。

自分勝手(じぶんかって)
「自分勝手なことばかり言う」
他人の都合を考えずに自分のためだけを
考えて振る舞うさま。

放辟邪侈(ほうへきじゃし)
「どこの大物の子息か知らないが
彼の放辟邪侈ぶりは目に余る」
思うまま好き勝手に悪事を働くこと。

自分本位(じぶんほんい)
「自分本位の考え方」
そのつもりがなくても自分のことを優先して他のことを思ってないわけではないが他への配慮を欠いてしまうこと。

手前勝手(てまえがって)
「手前勝手な屁理屈」
自分の都合のよいように考えたり
行動すること。

身勝手(みがって)
「そんな身勝手は許されない」
他人のことを考えず自分の都合や利益だけを考えて行動すること。

好き勝手(すきかって)
「好き勝手なことばかりする」
気ままに振る舞うさま。

気任せ(きまかせ)「気任せな独身生活」 気分のままに振る舞うさま。

ほしいまま
「強大な権力をほしいままにする」
自分の欲する通りにするさま。

奔放(ほんぽう)
「奔放に生きる」「自由奔放」
常識や規則、規範、しきたりなどに
とらわれず自分の思うままに振る舞うさま。

勝手(かって)「何をしようと君の勝手だ」「勝手に使ってはいけない」
自分の都合だけを考えていること。

気まま、気儘(きまま)
「気ままな生活を楽しむ」
自分の気持ちを重んじ、その気持ちの
向くままに行動すること。

わがまま、我が儘
「わがままが通ると思ったら大間違いだ」
他人の気持ちや都合とぶつかっても、
それでも自分の思い通りにしようと
することや、そのような性格の人。

好き(すき)
「人生を好きなように生きたい」
自分の思い通りに振る舞うさま。

ほかには
エゴイスティック、一方的、我が強い、
身まま、身勝手、野放図
といった言葉も類語としてあります。

厚顔無恥

<読み方> こうがんむち
<意味> 
厚かましく恥知らずで図々しいこと。
相手がほかの人のことを全く考えない行動をした上で、
それに対して全く恥じる・申し訳なさそうに思う姿勢がないときに用いる。
<例文>
きっと自分の小説に自信がない
のかもしれない。
小説というものはどこかに「厚顔無恥」な
ところがないと書けない。
一見、派手で、自己主張の強そうな
真美子が、小説に関して自信がない
というのは面白かった。
【森村誠一・山の屍】

我田引水

<読み方> がでんいんすい
<意味> 他人の思惑、不自由も顧みず自分に都合がいいように言ったり物事を行うこと。
他人のことを考えず自分に都合がいいように言ったり行動すること。
自分に都合がいいように取り計らうこと。
自分の田んぼにだけ水を引き入れる意味からきている。
<例文>
・どれだけ時間をかけて言い訳したって
「我田引水」の説明では到底、
許すことはできない。
・彼のやり方は「我田引水」で自分に都合の良いことばかり。
これでは共同事業者とは言えないよ。

感想

今回は得手勝手という四字熟語について
調べてみました。
周りの人のことはいつも気にかけて
考えなくてはいけないけれども
考え過ぎて自分の意見や好みを出せない
というのもストレスですよね。

何事もバランスなのだと思いますが得手勝手にならずに
なおかつ自分も出すことができるような人になりたいですね。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + eight =