2018年の節分の恵方巻きの方角とは?今年の方角はどうやって決まる?

節分でここのところ人気なのが、
関西ではおなじみの恵方巻き

その年のよい方角(恵方)に向かって、
太巻きを丸ごと一本無言でかぶりつきます。

2018年の節分の恵方巻きの方角とは
どちらの方角なのでしょうか?

今年の方角はどうやって決まる
のでしょうか?

今回はその2018年の節分の恵方巻きの方角
について調べてみました!

【スポンサーリンク】

2018年の節分の恵方巻きの方角とは?

2018年は
どの方角が恵方になるのでしょうか?

2018年の恵方はズバリ
南南東 やや右
 だそうです!

恵方巻きを食べる時は、
「南南東」を向いて食べましょう。

恵方は毎年変わります。

恵方の早見表もありますし、
恵方を調べるホームページや
アプリもあります。

簡単にその年の恵方や自分のいる場所の
恵方を調べることができるんです。

あなたが恵方巻きを食べる所の
「南南東」を確認してから
ぜひ召し上がってください。

【スポンサーリンク】

今年の方角はどうやって決まる?

恵方巻きの方角が毎年違うのは、
わかっていたのですが、
そもそもどうして恵方巻きの方角って毎年違うのでしょうか?

さらに恵方とは何を指すのでしょうか?
そして今年の方角はどうやって決める
のでしょうか?

少し調べてみましたので、
ぜひご覧ください!

恵方とは

「歳徳神(としとくじん)」という
神様がおられる方角のことを指していて、
その年の幸運を招く方角のことです。

歳徳神さまとは、

一年の最初にお祀りする神様のことで、
その年一年の福徳(金運や幸福)を
司っておられる神様
のことです。

歳徳神のほかに、

年徳、年神様、正月様
などとも呼ばれているようで、
昔から親しまれている神様です。

歳徳神のいる場所は毎年変わり、
その都度、恵方も変わるというわけです。

その方角を向いて、
いろいろなことを行うと良い
と言われていて、

以前は節分の恵方巻きを
食べる時だけではなく、
初詣も恵方の方向の神社に参拝したり、

初めてのことを行う時は
恵方を向いて行ったそうです。

恵方は結構人々の身近にあったんですね。

その年の方角を
どうやって決めるのかについては、
結構めんどくさいイメージです(笑)

けれど、からくりを理解できれば
簡単に思えてくる…
ような気がいたします。

これまで毎年いろんな方角を
聞いてきたような気がするのですが

実は恵方は基本的に
4つの方角しかないそうなんです。

なぁんだ、そうなんだ。
って、ちょっと安心しているのは
私だけでしょうか?

その年の恵方を決めるために用いているのが
十干(じっかん)と呼ばれるものです。

四方と十干を組み合わせることによって、
その年の歳徳神さまのおられる、
恵方を決める、というわけなんです。

十干とは、

甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)
己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)葵(き)
の十種類のことで、

中国から伝来し、
暦の表示などに用いられています。

そういえば契約書を交わす時の文言に
「甲は・・・乙は・・・」
なんていうのがありますね。

どちらが優れているか決めかねている時には
「甲乙つけがたし」などと言いますし

昔の通知表はこの甲乙丙丁が
使われていたというのを
聞いたことがあります。

でも後半については
全然知らなかったですねぇ…

そんな私も十二支は知っています。

子(ね)丑(うし)寅(とら)卯(う)辰(たつ)巳(み)
午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い)
の12種類の干支(えと)ですが

でもやっぱり暗記して言えるのは
前半の6個くらいです…

皆さんの中には子供のころに
この十二支を覚えた、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ある幼稚園では子供たちに
この十二支を覚えさせているそうです。

子供のころに覚えたものってしっかりと
体と脳にしみついていますから

大人になっても
結構忘れることがないみたいで

友達などと干支の話題になった時など
役立ちそうですね!

そんな十二支の、
いわゆる10個バージョンが
十干なのだそうです。

つまり今年の十干がなにかが分かるならば、
今年の恵方
簡単に分かるということなんです。

ちなみに2018年は戌(いぬ)年ですね。

十干では、2018年は
戊(つちのえ)となっています。

これを続けて「つちのえいぬ」
と言ったりもするそうです。

丙午(ひのえうま)って言葉も
ここからきていたんですね!
初めて知りました!

そして恵方は十干ごとに決められています。

東北東やや右
→甲(きのえ)・己(つちのと)

西南西やや右
→乙(きのと)・庚(かのえ)

南南東やや右
→丙(ひのえ)・辛(かのと)・戌(つちのえ)・葵(みずのと)

北北西やや右
→丁(ひのと)・壬(みずのえ)

となります。
ということは?

2018年は戊(つちのえ)ですので
南南東やや右」が恵方ということになります!

恵方巻きとは?

節分の2月3日は、
立春の前日を指していて、
昔は立春を1年の始まりとしていました。

そのために節分は、
大晦日と同じように
考えられていたんですね。

この日に恵方巻きを丸かぶりすると、
その年は幸運がめぐってくる
と言い伝えられています。

「丸かぶり」とは、
関西弁で丸かじりのことを表しています。

関東で育った私には
丸かじりという表現のほうが、
しっくりくる気がいたします。

のりまきに関しても、
関西と関東では呼び方が違うらしく、

関西では巻きずし、
関東ではのり巻きと呼ぶそうです。

恵方巻きといえば

毎年、決められている方角を向いて、
黙々と食べると福がある
と言われています。

恵方巻きを食べる風習は
健康や商売繁盛を願って行われます。

願いごとを思いながら
無言で太巻きを一本丸かぶりします。

食べ終わる前にしゃべると
福が逃げるといわれます。

なぜ、節分に巻きずしを
食べるようになったのでしょうか?

これは「巻く」ということから

「福を巻き込む」や、
「切らずに食べる」ことから
「縁を切らない」という意味が込められているようです。

なるほど~って感じですね!
日本語って奥が深くておもしろいです!

また、巻きずしの形が黒くて太いことから、

鬼の金棒に見立てて、
豆をまく時と同じように、
鬼の金棒を食べることで鬼退治をするという意味もあるそうです。

受験の時にかつ丼を食べるのと同じ
ニュアンスなのでしょうか?

2018年も家族みんなで丸かぶりして、
たくさん福を呼び込みましょう!

恵方巻きの作りかた

寿司めし
材料(4人分)
かために炊いたごはん 米3カップ
合わせ酢
(酢 カップ1/3 さとう 大さじ1)

➀合わせ酢をごはんに手ばやく
一気にまわしかける

➁うちわであおぎ
余分な水分をとばしテリを出す

➂きつくしぼったぬれふきんをかけておく

具の準備
キュウリの下ごしらえ
➀塩をふって板ずりにする
➁たて4つ割にする

干しシイタケの下ごしらえ
煮汁(だし汁2カップ、
みりん・酒大さじ2、しょう油大さじ1.5)
➀干しシイタケを水でもどす
➁煮汁で➀を煮る
➂せん切りにする

高野豆腐の下ごしらえ
煮汁(だし汁2カップ、さとう大さじ2、
しょう油少々)
➀煮汁がなくなるまで煮る
➁たてに棒状に切る

ニンジンの下ごしらえ
ニンジンをたてに1cmぐらいの細さに切り
干しシイタケと同じ煮汁でさっと茹でる

ほかにマグロ、たまご焼き、たくあん
などを細切りにして
具をたくさん準備します。

それをテーブルに並べ
各自お好みで巻きすで巻きましょう!

感想

今回は恵方巻きについて
たくさん学ぶことができました!
ずっと関東で暮らしてきた私にとって
いつごろから「恵方巻き」という言葉を耳にするようになったのか
考えてみましたが…
15年くらい前なのでしょうか?

今ではすっかり
ポピュラーになっていますが、
意味や決め方など、
きちんとした根拠に基づいているんですね。

日本人の昔からの風習って
本当に興味深いと感じるとともに
日本人に生まれてよかったなと
感謝できる瞬間になりました。

これを読んでくださる皆様の
心の琴線に少しでも触れ
役立てていただけると嬉しいです。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 19 =