桜の開花予想2018東京千鳥ヶ淵はいつ?

新しい時季の訪れを告げる「桜」。

彩り豊かなピンクや白の花びらが開く
その日を心待ちにし、
そして開花すれば散りゆくまでその変化を
愛でる習慣は私たち日本人にとって、
いまや春の行事の一つですね!

今回は桜の開花予想
2018東京・千鳥ヶ淵の
情報についてお知らせいたします。

【スポンサーリンク】

桜の開花予想!2018東京千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵とは、
東京都千代田区にある、
皇居の北西側に位置している
お堀のことです。

時代が昭和になってから、
たくさんの桜の木が植えられ、
都内でも屈指の桜の名所として有名です。

この付近には千鳥ヶ淵公園、
北の丸公園、皇居東御苑、外濠公園、
靖国神社、英国大使館とそれぞれに数百本の
桜や桜並木が春になると咲き誇ります。

お昼の時間はボートに乗って楽しみ
夜にはライトアップされた桜を楽しむことができます。

その光景はここが
大都会東京であることを
忘れてしまいそうなほど綺麗です。

桜の木はお堀の
水面ぎりぎりまで大きく枝を
伸ばしています。

まるで桜の花が
お堀に流れ込むかのように咲いている
素敵な桜を観ることができます。

そんな千鳥ヶ淵の桜の2018年
開花予想はいつなのでしょうか?

千鳥ヶ淵の桜2018年の開花は?
見ごろの時期は3月下旬から4月上旬です。

千鳥ヶ淵沿い(全長約700m)の遊歩道、
千鳥ヶ淵緑道はソメイヨシノや
オオシマザクラ
など約260本の桜は道行く人の頭の上に咲きますので、
桜のトンネルを歩く楽しみを
味わうことができます。

この時期には毎年
千代田のさくらまつり
が開催されます。

例年ですと3月中旬から咲き始めますが、
この時期はまだつぼみが多くて、
25日くらいまでは
1分から3分咲き程度です。

そのあと、どんどん咲き始め、
27・28日くらいには5分咲きになり、
30日くらいには満開を迎えそうです。

このあたりから
4月4日ころまでが
散り始め一歩手前の満開
といったところでしょうか。

そして4月7日あたりには
桜吹雪となりますので
その頃までの時期が
いわゆる桜の見ごろと言えそうです。

遊歩道にちりばめられた桜吹雪、
そして水面にはたくさんの
桜の花びらが浮かび
とても風情のあるシーンですね!

では2018年の
千鳥ヶ淵の桜の開花予想は、
いつごろでしょうか?

開花予想は
3月18日頃

満開予想は
3月26日頃のようです。
例年よりも少し早くなりそうですね。

それでも相手は自然ですから
その年のお天気によっては、
開花時期がずれてしまうのも否めませんね…

私も以前3月29日頃に
浜離宮庭園と隅田川の水上バスで
お花見に行ったのですが…

まったく咲いてなかったという
残念な経験をしたことがあります。

もっとも浜離宮は
もう少しあとの
八重桜が有名らしいですね…

そういう情報も
しっかりとチェックした上で
出かけないといけませんね。

もちろん気象情報も
要チェックです。
桜の開花予想に敏感でありたいですね!

【スポンサーリンク】

日本の山に里に桜は美しく咲く

自然の中で生まれ育つ山の桜。
人の手によって植栽される里の桜。

日本では、
さまざまな場所で
桜を見ることができます。

お花見の習慣は、
平安時代の宮中で
桜を観賞するようになったことから。

一般的になったのは江戸時代後期。

丈夫で成長の早い栽培品種
(人工的に栽培される品種)
として”染井吉野”
(そめいよしの)が生まれ、
明治時代になると人気になり
全国的に広まりました。

そして、
桜の木の下で宴を楽しむスタイルは、
次第に日本人にとって春ならではの
楽しみをなっていったのです。

たずねてみたい、「桜」の名所

今回は東京千鳥ヶ淵の桜について
ご紹介いたしましたが
他にどんな名所があるのでしょうか?

早くは1月から咲き始める日本の桜には、
その地域ごとに違いがあります。

それぞれの由来や種類などを知っていると、
お花見もさらに楽しくなるでしょう。

弘前公園 ○青森県
城跡に咲く北国の桜
一般的に東北地方の”染井吉野”は、
花が大きく、
色も美しいとされています。

弘前藩の城下町であった青森県弘前。

その城跡には、
”染井吉野”や”枝垂桜”(しだれざくら)を中心に80種類2,600本が、
4月下旬から5月上旬にかけて
咲き誇ります。

各地の城跡によく桜が植栽されていますが、
その代表的な名所の一つです。
現存するものでは最古といわれる”染井吉野”も有名です。

新宿御苑 ○東京都
明治時代から続く皇室ゆかりの庭園
高遠藩主内藤家の屋敷であった地に、
皇室の庭園として新宿御苑が誕生したのは
明治39年。

”染井吉野”や八重桜を中心に約65種類
1,100本の桜が植栽されています。
100年以上前の庭園の桜が同じような様式で、
高いレベルで管理されているのは
希有なこと。

見頃は”寒桜”(かんざくら)
の2月中旬から
カスミザクラの4月下旬です。

※園内では酒類持込禁止、遊具類使用禁止

今帰仁(なきじん)城跡公園 ○沖縄県
日本一早く咲く南国の桜はあでやかな紅色
世界遺産である今帰仁城跡に、
紅色の花をつけてあでやかに咲くのは、
野生種のカンヒザクラ。

沖縄の春を代表する花の一つです。

石垣島にも野生していますが、
”染井吉野”の育成がむずかしい沖縄では、
広く植栽もされています。

見頃は1月下旬から2月上旬。
日本でもっとも早く咲く桜としても
知られています。

吉野山 ○奈良県
時代を超えて咲きほこるヤマザクラの絶景
日本の野生種の代表ヤマザクラが
3万本も咲き誇る吉野山。

お花見のための花ではなく、
自然が育んだ絶景です。

ヤマザクラは観賞できるほどの
量が咲くまでに20年以上かかるため、
美しさを維持するには
100年単位の視野で管理を行うことが
必要になります。

そうした点からも吉野山の桜は
貴重な存在といえるでしょう。
見頃は4月上旬から下旬にかけて。

以外と知らない「桜」まめ知識

ただ美しさを愛でるだけではもったいない!
今年のお花見は桜の話題も楽しみましょう。
そんなときに役立つ「桜」トリビアです。

染井吉野、その名前の由来は?
江戸・染井村(現在の豊島区)の植木屋は、
ヤマザクラなどを桜の名所である
奈良・吉野山にちなんで、
「吉野桜」として売っていました。

その中の1つは、
花が咲いている間には葉がつかず、
花つきがよかったため華やかな観賞用として人気を博しました。

しかし、
実は吉野のヤマザクラとは明らかに
異なる形の花。

それぞれ別の桜であることを
明確にするため、
明治33年、
村の名前を取って”染井吉野”とあらためて名づけられました。

春に咲くとはかぎりません
静岡県河津町の”河津桜”(かわづざくら)、
熱海市の”寒桜”のように、
本州でも暖かい地域では、
早咲きの桜が2月から咲き、
多くの観光客の目を楽しませています。

また、何らかの原因で秋に咲いてしまう、
いわゆる狂い咲きを固定化した栽培品種は、
古くから珍しい花として
愛好されてきました。

特に花弁数が10~20枚と多い
八重咲きの”十月桜”(じゅうがつざくら)は人気があり、
各地で植栽されています。

”冬桜””不断桜”も狂い咲きの
栽培品種です。

日本の野生種の桜は10種類
桜の名前は地域によってもさまざま。
福島県の「三春滝桜」のように土地の名称がつけられた固有名まで含めると、
1,000を超えるといわれています。

日本の桜の代表のように思われている
”染井吉野”は、
人の手が入った栽培品種。
古くから日本に生えていた
桜ではありません。

生物学的な考え方では、
自然の中で生まれ育った野生種を
「種」として分類しますが、
日本の野生種は今のところ以下の
10種類とされています。

ヤマザクラ
オオシマザクラ
エドヒガン
タカネザクラ
チョウジザクラ
オオヤマザクラ
カスミザクラ
マメザクラ
ミヤマザクラ
カンヒザクラ

感想

10年ほど前までは
飯田橋と市ヶ谷の間の
桜並木の近くで仕事をしていました。

桜の時季は本当に綺麗でした。
わざわざお花見に行くまでもなく
桜を楽しむことができました!

最近では
職場の近くの小学校の1本の木か
自宅近くの公園の桜しか
見ていないですねぇ…

今回、桜についての記事を
書いたことによって
私も久しぶりに桜を見に
出かけたくなりました。

気になるスポットは
世田谷美術館でアートを楽しんだあとの
砧公園の800本を超える桜です。

ぜひ実現させたいと思います。

みなさまも素敵な
お花見をお楽しみください。

みなさま日々の生活に
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 4 =