衣替えの時期!夏の学校の制服はいつ?断捨離のコツも知りたい!

衣替えのタイミングって
結構難しいですよね。

夏の学校の制服の衣替えの時期は
いつなのでしょうか?

衣替えのタイミングで断捨離をするのが
チャンスなんだそうです。

それで今回は整理整頓のコツについても
調べてご紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

制服などの衣替えの時期

制服のある学校や職場はたいてい、
6月と10月に衣替えをします。

でも、
昨今は地球温暖化のため、
夏の暑さの訪れが早くなっています。

これだけ異常気象が続くと
一律に夏服は6月から!
とは言いきれないですよね?

学校の地域によっても異なりますが、
6月1日よりも早くなっている
学校が多いようです。

移行期間がGW過ぎからになっている
学校もあるようですね。

移行期間とは、
各自が気温に合わせて
冬服、夏服のどちらを着てもいい
期間のことで、

多くの場合、
二週間から一ヶ月間の移行期間が
設けられています。

確かにGWから夏日になる年もありますよね。

そんなときには、
学校で協議をして、
衣替えの移行期間を設けているようです。

そんなふうに暑い5月もあれば
逆に6月になって梅雨が始まると
肌寒い日があったりします。

多少の移行期間は設けられているとはいえ、
時代に合わせて日付で衣替えの
時期を決めるのは
そろそろ終わりにしたほうが
良いのかもしれませんね。

その年の天候に合わせて
そして暑さ寒さを感じる
個人差もありますから

それぞれが衣替えをしたいと思った時に
衣替えする、
という自由な発想でも
良いのではないでしょうか?

それでも今の段階では
6月1日と10月1日に
一斉に衣替えというのが
全国ほぼ共通で定着して
行われているようです。

衣替えは強制的なものではなく
あくまでも習慣です。
しかし、学校においては、
移行期間が終了すると強制的に制服を替える場合が多いようです。

衣替えのタイミングって
忙しいとついつい後回しに
なってしまいますが、
冬服をしまう時期は特に
気をつけたいところです。

2、3日間、
晴れの日が続くときにするのがベスト。

なぜなら、
その理由は衣類は湿気に弱いからです。

湿気は下にいくほど多くなるので、
タンスや収納ボックスなどにしまうときは、
デリケートな衣類ほど上の段に入れます。

例えばセーターなどは上段に、
洗いやすい綿のTシャツなどは下段に、
といったぐあいに。

衣替えで冬服や秋服を収納する際には、
乾燥剤を使用しましょう。

4シーズン春夏秋冬と毎回衣替えをする
場合には、
最高気温が22℃を超える
5月後半から6月初め
夏服の衣替えがおすすめです。

こういった条件も考えて
学校や会社の制服も夏服に
移行するのが、
6月1日からということに
なっているのでしょうか。

突然暖かくなったり
いきなり寒波がやってきたりして
一度しまった冬服をまた取り出したり・・・
という経験皆さんはありませんか?

そんな手間も時間もかかってしまうようなことのないように
衣替えの時期はよく吟味したいと思います。

【スポンサーリンク】

断捨離のコツ

夏服と冬服を入れ替えることで
気持ちも一新しますし、
何より部屋が片付くところがいいですね。

衣替えが「整理整頓」の
チャンスのようです。
この機会にクローゼットの中身を
見直してみましょう。

衣替えのタイミングで、
持っている洋服の見直し、
整理がしたいですね。

そんなときの断捨離の方法には
どんなものがあるのでしょうか?

衣類をスッキリ収納するコツについて
調べてみました。

まずはシーズンの変わり目に、
持ち物の整理をすることができます。

クローゼットの中身をすべて取り出して
手放すものを見極めます。

少し面倒な感じがしますが、
これによって、
自分が管理できる服の量を
守ることができます。

季節の変わり目が、
「整理」をする絶好のチャンスなんですね。

衣替えのコツは、
服を手放す、
つまり断捨離です。

確かに断捨離ができればクローゼットが
キレイになるとは思います。
でもこの断捨離がどうも苦手で・・・
という方
いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方はどうしたらよいのでしょうか?

「いらない」=「捨てる」
という考えを忘れる
ことができます!
服を捨てるのが苦手で
どうも服を手放すことができないと言う方
いらっしゃいますよね。

そんな方は、
リサイクルショップや、
下取りチャリティーに出してみるのはいかがでしょうか?

着ていない、
ということが洋服にとっても
一番残念なこと。

それならもっと喜んで
着てくれる人のところへ
手渡したほうが気持ちがいいですし、
服も喜んでくれると思います。

整理収納=チャリティーという
概念を持つことができるのって
なんだか素敵なことですね。

整理=捨てるっていう考えは
手間はかからないかもしれませんが、
なんだかちょっと淋しいですよね。

これで断捨離のコツをつかめそうです。

次のステップとして
服を手放すときの判断基準
について考えてみたいと思います。

一体どのように「手元に残すかどうか」を
決めることができるのでしょうか?

子供服の場合はすぐにサイズアウト
してしまうので、
手放さざるを得ないですよね。
この場合は潔く他の誰かに
譲ることができそうです。

では、大人の服を整理するときは
どうでしょうか?

サイズはそんなに大きく
変わるわけではないし、
穴があいたり破れてしまうことも
ほとんどない・・・
となると手放すのが難しくなります。

でも、人の好みは日々変わっています。
たとえ昔は気に入っていたとしても、
今の気分に合わない服は
着たくないですよね。

そこで大切になってくるのが
「ここ1年で着たのかどうか」
という判断基準です。

最近着ていないけれど手放せない・・・
という衣類を集めて
その服たちだけで
コーディネートをしてみます。

次にそれを見て、
自分はこのコーディネートで
外出したいかどうか
?」
と考えてみます。

NO→手放す
YES→手元に残す
というジャッジを下すことができます。

値段が高かったかどうか、
状態が良いかどうか、
流行っているかどうか・・・

ではなく、
自分のテンションが上がる服かどうか、
を判断基準にすることができます。

昔とても気に入っていたので
きっと「いつか着るかも」しれない
と思ってしまいますよね。

でも一度クローゼットから取り出して
組み合わせをしてみることによって
最近着なくなってしまった理由
わかってくると思います。

今シーズン着なかったものは、
来シーズンも着ない。
そう割り切ってしまうのって大切ですよね。

この方法での断捨離を
衣替えのたびにできるなら
クローゼットの中身を全部把握できるようになります。

そして本当に気に入ったものだけが
そこにはあります。
そのほうが洋服選びの時も楽しそうですね!

衣替えの由来について

衣替えの習慣は、
平安時代に宮中行事として
はじまったのだとか。

当時は4月1日と10月1日の年2回で、
装束調度品もすべて替えました。

装束
衣服のこと。
古くは衣冠(いかん)・束帯(そくたい)・直衣(のうし)など、
儀式に用いる礼服をさした。

調度品
日常使用する道具・家具などのこと。

江戸時代になると着物の種類が増え、
江戸幕府は公式に年4回の衣替えを
制度化しました。

夏の衣替えが6月1日と定められたのは明治以降のことなのだそうです。
明治政府は洋服を役人・軍人・警察官の
制服に定め、
夏服と冬服の衣替えの時期も
6月1日と10月1日に制定しました。

時代とともにいろいろな衣替えの
風習があったようですね。

感想

私が高校生のころは、
今よりもっと移行期間が
短かったような気がします。

そして私の学校の制服は
ワンピースだったのですが
いわゆるスカートと同じ素材の生地で
トップスができていて・・・

衣替え直前の5月の時期の暑かったことを
思い出します。
そんないでたちで満員電車に
詰め込まれていたんですから

我ながらよく頑張って
通学したなと思います。

衣替えのタイミングで
断捨離をするというのも
目からうろこでした。

皆様の衣替えにも
お役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − eleven =