寒暖差アレルギーの症状でじんましんや咳が出る?子供もなりやすい!

季節の変わり目。
いつまでも暑いなと思えば

急にコートが必要なほど
寒くなってみたり・・・

なかなか体がついていかないですよねぇ。
こういった寒暖差が激しい時に
私はくしゃみなどの症状が出ます。

これは風邪ではなく
どうやら寒暖差アレルギーのようです。

他にもじんましんや咳などの
症状が出る人もいるようです。

それで今回は、この
寒暖差アレルギーについて
調べてみたいと思います。

さらに寒暖差アレルギーは
子供もかかりやすいようですので

その点についても詳しく調べ
ご紹介いたします。

【スポンサーリンク】

寒暖差アレルギーの症状~じんましん

寒暖差アレルギー
という言葉。

最近よく
耳にするようになりましたね。

私は、
くしゃみが
よく出るようになります。

他には、
じんましんといった
症状が出る方もいるようですね。

どのような対策方法があるのか
調べてみたいと思います。

寒暖差アレルギーの症状
寒暖差アレルギーとは
名前の通り、

気温の差が激しい時や、
屋内と屋外の寒暖差で
症状が出るアレルギーのことです。

このアレルギーは
正式名称が「血管運動性鼻炎」といい、

寒暖差が原因で自律神経に不調をきたす
症状です。

その寒暖差アレルギーの
症状の一つが
じんましんです。

寒い日に外出から戻って
家の中に入ると、

皮膚が赤くなり、
じんましんが出て
かゆくなります。

他には
お風呂上がりに、

手のひらに赤い膨らみができ、
無性にかゆくなります。

この2つ。
私にも身に覚えがあります。

家に帰ったとたんに
あっちこっちが
かゆくなったりするのは

家に帰って来てホッとして
ストレスから解放されるから。

と思いこんでいたのですが
これは実は寒暖差アレルギー
だったんですね!

寒暖差アレルギーの原因
寒暖差アレルギーには
花粉症や食物アレルギーのように、
原因物質があるわけではありません。

寒暖差が原因で自律神経が
不調になりますので、

マスクやアレルゲン除去
などといった対策では
効果を望むのは難しいといえます。

原因となっている
自律神経の不調。

これは自分で対策しようと思っても
コントロールできるものではありません。

この神経は
脳と連携して痛みを伝えたり、
体の動きを調整しています。

それでいったん自律神経のバランスが
崩れてしまうと体に様々な
悪い影響を与えてしまいます。

それに加えて
寒暖差といった
刺激が与えられると

様々なアレルギーの症状が出てしまう…
というわけです。

寒暖差アレルギーの対策
じんましんの症状がひどい場合は、
症状が出る前に、

抗アレルギー剤を飲み、
アレルギー症状を抑えることができます。

他には、このような対処法もあります。

☆お風呂と脱衣所の温度差をなくす

☆衣服の枚数をこまめに調整する

☆皮膚をさらさないようにする

【スポンサーリンク】

寒暖差アレルギーの症状~咳

寒暖差アレルギーには
様々な症状がありますが、

くしゃみ・鼻水といった
一般的な症状のほかに、

が止まらない
という症状の出る方も
多いようです。

アレルギー反応で
というのは珍しいと思われますか?

どうやらこれは
咳喘息の可能性が
あるようです。

私は喘息持ちなので
この感覚、なんとなく
わかります。

次に、そのような
寒暖差アレルギーで

が止まらない
という症状が出た時の、

咳喘息との関係について
調べてみたいと思います。

咳喘息
咳喘息は、
室内外の温度差や、

たばこの煙を吸う受動喫煙、
運動、飲酒、ストレスなどのほか、

ほこりやダニといった
ハウスダストが原因であると
いわれています。

患者の数は
年々増加する
傾向にあるようです。

これは特に
アレルギーのある人に
多いと言われています。

そのような人は
アレルギー反応によって、
気道が炎症を起こしてしまうようです。

急激な温度差によって
咳が出てしまう場合は

寒暖差アレルギーの可能性が
考えられます。

ですが、
そのあと咳が
止まらなくなってしまうようなら、

寒暖差アレルギーではなく
咳喘息の可能性を考えたほうが
良さそうです。

いずれにしても
似たような症状ですので

判断をするのは
難しいのかもしれませんね。

咳喘息とは
喘息の一つ前の
段階のようなもので、

慢性的に咳が続く
気管支疾患の一つです。

咳喘息を発症してしまった場合、
痰が絡んでいない空咳が
1ヶ月以上続きます。

喘息と同じように
風邪との併発が多く、

風邪をひいた後2~3週間以上
咳だけが続いたりします。

ですが喘息のように
ゼーゼーとかヒューヒューといった
音がするわけではなく

ずっとコホンコホンといった
空咳が続きます。

咳喘息は喘息の前段階だから…
といって油断していると

喘息の大発作を起こしてしまう
可能性がありますから

少しでも気になるようでしたら
すぐに病院で診てもらったほうが
良いかと思われます。

治療法
・咳が一ヶ月以上続いている

・花粉症や鼻炎の薬を飲んでも効かない

このような症状のある方は
咳喘息確定かと思われますので、
すぐに病院で診てもらいましょう。

「でも仕事を休むことができなくて
病院に行く時間が無い…」
という方もいらっしゃいますよね。

そのような方には
抗ヒスタミン系の市販薬を
お勧めいたします。

これは一般的に花粉症や
鼻炎の薬として用いているものですので、

寒暖差アレルギーであるなら
飲むことによって咳が止まるはずです。

もし市販薬が効かない場合は
咳喘息と判断してよいかと思われますので、
病院できちんと喘息の治療を受けましょう。

子供もなりやすい!

幼稚園に通っているような
小さなお子さんにも、

寒暖差アレルギー
鼻水や鼻詰まりという症状が
出ることがあります。

気温の温度差で
鼻の粘膜が腫れてしまうことで
起こるそうです。

この症状は
大人よりも子供
出やすいそうですので

小さなお子さんがいらっしゃる方は
十分に気をつけてあげてください。

寒暖差アレルギー
一般的に筋肉量の少ない

成人女性がなりやすいと
言われているようですが、

そのような意味では
まだ体が未熟な子供も
十分なりやすいと考えられますね。

昔の時代の子供に比べて
現代の子供たちには

自律神経を乱してしまう
環境が多いようです。

・夜型の生活

・ストレス

・運動不足

・欧米型の食事

このような要因によって
アレルギー体質になってしまう
お子さんが多くなっているようです。

効果的な対処法
寒暖差アレルギーを緩和する
効果的な対処法はあるのでしょうか?

簡単に言いますと

自律神経を乱さない
生活をすることで、
症状が緩和されます。

自律神経を整える
夜型の生活になってしなわないように
夜は10時ごろまでには就寝し、

朝は、できるだけ早起きを
するようにします。

体内でホルモンが活発に出る時間帯が
夜10時~深夜2時ごろと言われていますので

少なくとも、この時間帯には
睡眠を取っていることが
望ましいと言えます。

入浴によってもストレスが緩和され、
体を芯まで温めることができますから、

ぬるま湯でゆっくりと
お湯に浸かりましょう。

寒暖差をなくす
寒暖差をなくすためには
着る服の枚数によって
体の温度差を調整することが必要です。

寒暖差のある季節には
朝と昼さらに夜とで

10℃くらい差が出ることも
多いですね。

そのために出かける時には
1枚多く羽織ることのできるものを
持ち歩くようにするといいですよ。

そのほかには、
必要以上に部屋を暖めてしまったり、

冷やし過ぎないことによって
体への負担を軽減できます。

運動する
運動をするように心がけ
筋肉をつけることによって

多少の温度差でも耐えやすく
なるようです。

ジムに通えるといいのでしょうけれど
それが難しい方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は、
なるべく階段を使うように心がけたり

いつもは車で出かけるような場所に
自転車で出かけてみたり・・・。

こんなふうに
日常で少しずつ
楽をしてしまっていたシーンで

少しだけ体に負荷を加えるよう
意識するだけでも
筋力が付いてくると思います。

感想

今回は寒暖差アレルギーについて
調べてみました。

実は今日も出かけている時
やたらと、くしゃみが出たんですよねぇ。

そして台風が近づいているせいか
咳も出て、なんとなく息苦しいような。

いつもそうなんですが
この症状がアレルギーなのか

風邪なのか、を判断するのって
本当に難しいですよね?

以前に病院の先生に言われたのは

「間違っていてもいいので
とりあえず、どちらかの薬を
飲んでみる」

というものでした。

ほったらかしにして
悪化させてしまうよりは
良いのだそうです。

アレルギーの薬で
効かない場合は
風邪薬を。

といった具合に
いろいろ試してみないと
いけないようですね。

皆様の日々の生活にも
少しでもお役立ていただけましたら
嬉しく思います。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 18 =